ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

時間を使う

f0100480_2053551.jpg


21:17



 朝、


 寝過ぎてしまって、慌てて着替えなどして病院へ滑り込む。点滴を受け、アル中仲間と少し話をして、映画館へ行き、コンビニで振り込みをして、散髪に行きと予定をこなしてため息をつくと、なんだか茫洋と夢の中にいるみたいで現実感がまったくない。時間を使っていただけの何者かに追われたような半日。時間を使っていただけ、という感覚と今日見た映画が「タイム」だったというのは何ともはや、である。


 「時は金なり」なんていうことわざがあるが、映画「タイム」はそれが現実になった未来の物語である。

『そう遠くない未来、遺伝子操作で年を取らなくなることが可能になった。人口過剰を防ぐため、時間が通貨となり、人々は自分の時間で日常品から贅沢品まで支払うこととなった。裕福な人、すなわち時間を十分に持っている人たちは永遠に生きることができるのだ。他の人は不死のために時間を得るために働き、時間銀行から利子付きで時間を借り、人によっては他の人から時間を奪い、生活していくのであった。左腕に光る時間表示が0になるとき、人は命を落とす。一秒一秒が無駄にできなくなった世界で、ある貧乏な男がひょんな事から117年もの時間を手に入れる』(ウィキペディアより)


 時間が通貨となると搾取ということがよく見えてくる。人は25歳から年を取らなくなり老いることもないが、何もしないと26歳で死んでしまう。それで労働の対価として時間を得るのだ。主人公とヒロインは時間を富裕層から奪い返し、貧困層にばらまくギャングになっていく。この映画、今月いっぱいの映画券があったものだから、何も知らずに飛び込みで見たんだけど、結構面白かった。


 私は2時ごろから見たのだが、別行動のお咲きさんが7時から見ている。好きな俳優、マット・ボマーも出ているし。只今、一人、さ、カレーでも食べよう。



 そんなこんな。



只今のながらCD

SOMETHING REAL / PHOEBE SNOW
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2012-02-26 19:50 x
面白そうな映画ですね。
しかし、25歳で止めるあたり、25歳を人生の頂点と感じる人が多いのか。
体力的にはそうかもしれないけど、うーん・・・と思う。
あと、117歳まで生きる時間が欲しいとも思わない。
なんというか、普通に年とって普通に死にたいなぁ。
・・・というように、「時間」について考えたくなる映画なんでしょうね。
DVDになったら観ようっと。
Commented by 稲泉 at 2012-02-26 22:38 x
テレビCMで観ておもしろそうだなと思った映画でした。

こっちにきたら観に行こうかな~。

不老不死は昔からのテーマですね。


時間。

みんな同じ流れかたしてますかね?
by alglider | 2012-02-25 20:54 | 日々是口実 | Comments(2)