印象派の中に



f0100480_17574835.jpg


19:54



 連休の


 前半は近くに転院してきた義母を見舞ったりしていた。アイコンタクトは取れているようで、私の初めての見舞いに「ああ」という表情の変化が目の輝きに見て取れた。言葉ではないから分からないが、表情を見ていると童謡を聴いているときも和やかな感じだ。自分の入院もここだったらよかった、と思うぐらい気配りのゆきとどいた病院で、採光がよく明るいし廊下なども広い。こういうハードウェア、入れ物も入院生活を大きく左右する。転院に先だって面接があったのだが、行ったお咲きさんによると先生も理学療法士もしっかりしている印象。言葉によどみがなく前を向いているとか。これも大事だな。


 連休後半は心の奥深い暗い底へ下りてしまったみたいで、なかなか抜け出すことができず、今も。でも、ま、連休最後の日なもんで公園まで散歩。近くのコンビニでおにぎりと二個とお茶を買って木陰のベンチで遅いお昼を済ます。木陰をつくる新緑の美しさ、光が弾み風はそよぐ。ひととき印象派の絵画の中にいました。ちょっと変態チックで人には言えない秘密をつくった日。むふふ。



 そんなこんな。



只今のながらCD

JAZZ IN PARIS / OSCAR PETERSON STEPHANE GRAPPELLI QUARTET
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2012-05-07 18:10 x
変態チックな秘密・・・それは美味しそう。(笑)

ワタクシ、婦人科に入院したことがありまして、
たいへん行き届いた看護体制とハードを誇る病院だったのですが、
ピンクのフリフリのカーテンや花柄の壁紙にゲッソリしたことがあります。
白でいいんだよ、みたいな。
やりすぎも禁物ですよね、病院ってとこは。
Commented by パンタタ at 2012-05-07 21:21 x
雪太郎さんへ

病院の施設は清潔でシンプルがいいですね。
あと買い物とか銀行とか、
社会生活も院内で便利なのがいいですね。ハード的には。
アメリカのテレビドラマなんかでは、
やたら病室に風船が飾ってあったり、大人でもね。
あれ、どうなんだろね。
千羽鶴みたいなもの?
イライラする人もいるんじゃないかなあ、派手な風船。

変態チックな秘密、むふふ、楽しんでます。

by alglider | 2012-05-06 17:58 | 日々是口実 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧