ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

水無月尽日



f0100480_23301289.jpg


01:28


く ち な し は 赦 し 請 ふ や う 移 ろ へ り 真 白 き こ と の せ ゐ な ら な く に



くちなしはゆるしこうよううつろえりましろきことのせいならなくに



 朝から


 前立腺というか神経因性膀胱というか、ま、ようするに泌尿器科の診察へ行き、帰りに目を付けていたラーメン屋さんに立ち寄る。ちょっと魚出汁がきつい気がした。淡路から天満へ出て (商店街ばっかりだ) 注文していたメガネを受け取る。最近目が疲れるし、目の病気は恐いのでちょっと値の張ったメガネを誂えた。形は真ん丸ではないけれどレノンタイプに近い。こけたりしていっぱい傷ついてしまった昔のは、度付きのサングラスにするため、レンズ交換に預けてきた。タイプとしては昔のヤツの方がジョンに近い。退院したら新生活アイテムに鞄、靴と眼鏡を考えていた。今回のメガネで新生活の三種の神器がそろったわけで、体の痛みと痺れはまだまだあるけれど前を向く。


 んで、それから、しゃっちょさんとナッちゃんと貴くんとでお好み焼きを食べに。大学4回生の貴君のシュウカツの話。大変そうだ。周りの3人で励ましたつもりだが、さてどうだろう? それから、焼き鳥屋に行って短歌の話。私は六月には題詠を除いては三首しか詠んでいない。思うに入院の後遺症で、韻文の頭ではなく「年を取ると体が…」「一寸先の分からない人生は…」とか散文的な思考ばかりしていたせいだ。これはこれで回復に役立ったのだが、ずっと散文的なままで生きるつもりはなくって、七月は短歌に心血を注ぐ。決意はあとから従いくるもの。まずは詠む。



そんなこんな。



只今のながらCD

THE RETURN / Film by ANDREY ZVYAGINTSEV, Music by ANDREY DERGATCHEV
[PR]
by alglider | 2012-06-30 23:30 | 短歌 | Comments(0)