「ほっ」と。キャンペーン

行ったり来たり 短歌一首



f0100480_23295716.jpg



23:59


新 し き 手 帳 を 求 め し 帰 り み ち 過 去に な り ゆ く 日 の 風 を 受 く



あたらしきてちょうをもとめしかえりみちかこになりゆくひのかぜをうく




 ここ


 2、3週間、精神面での調子がわるい。あの世にいる(どんなところかは知らないけれど)ような、ときどき現世に戻ってくるような、よもつひらさかを行ったり来たり。心がほわーっと浮いている。漂っている。彷徨っている。着地点を探している。


夕日はそんな気分に拍車をかけるが夕方に外に出た。秋の夕ぐれの色合いは一年のうちで一番美しい。




そんなこんな。



只今のながらCD

VIVA BRAZIL / YO-YO-MA
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2012-11-19 08:37 x
だんだん日が短くなってきたからでしょうかね。
冬至までいってしまえば、あとは明るくなる一方なんですけどね。
Commented by はしる at 2012-11-19 10:19 x
秋は、特にその夕方は哀しいまでに美しくそれこそ「寄る辺ないものを身籠る」かのように世界中を不安にさせます。美しさの本質かもしれません。
お大事になさってください。
Commented by パンタタ at 2012-11-19 22:51 x
雪太郎さんへ

冬至って調べたら12月22日あたりですやん。
あと一カ月の辛抱、って光りの話だけで、
気温は益々寒くなりますね。
本当に月日の経つのが早いです。

Commented by パンタタ at 2012-11-19 22:53 x
はしるさんへ

「寄る辺ないものを身籠る」
この言葉は男には出てこないなあ...
今日はちょっとマシな一日でした。

by alglider | 2012-11-18 23:29 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧