「ほっ」と。キャンペーン

一首



f0100480_18124553.jpg



19:07


胸 に 手 を 当 て れ ば 脈 の か さ こ そ と 枯 れ 葉 い ち ま い お ち て ゆ き た り



むねにてをあてればみゃくのかさこそとかれはいちまいおちてゆきたり





 ここんところ、


 孤独を感じてゐる。“谷川で冷やされたビールのように”孤独である。話もするし、笑いもするが、潮の干満のやうにやがては引いてしまふ。“他者を殺人者にしないためには自死を選ぶだらう”ゆくゆくは涙の意味も分からなくなり、ただただ泣いてゐるだろう。




 そんなこんな。聴いている音楽はめちゃ陽気ですが…



只今のながらCD

PAROLES DE SWING / ANGELO DEBARRE et LUDOVIC BEIER
[PR]
Commented by at 2012-12-16 20:56 x
>“他者を殺人者にしないためには自死を選ぶだらう”

自分を殺人者にしないためには自死をえらぶしかないのか…



谷川で冷やされた麦酒を聴こう、今夜は
Commented by 雪太郎 at 2012-12-17 08:31 x
身の内の引き潮をひどく敏感に感じる日々ってありますね。
引いた海水は、どこぞで高く高く盛り上がっているにちがいなく、
さて、自らが怖くも感じる。
そろそろと満ちてゆかせる手段を覚えたいと思いますが。
Commented by パンタタ at 2012-12-17 20:17 x
文さんへ

>自分を殺人者にしないためには自死をえらぶしかないのか…

それもあるけれど、私の場合はその状況ではないなあ...

Commented by パンタタ at 2012-12-17 20:18 x
雪太郎さんへ

どうも調子が悪いですね。
なんとも、今日は他人の人生を生きているようでした。
はあ...何とも。

by alglider | 2012-12-16 18:12 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧