ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

如月朔日  短歌一首

f0100480_22253181.jpg



23:15


み じ か 夜 に 浮 か べ し 舟 の ゆ く さ き を 酔 ひ に ま か せ て 問 は ず に き た り



みじかよにうかべしふねのゆくさきをよいにまかせてとわずにきたり




 ちょっと



 いいことがあった。今の新聞社の仕事はバイトで3年契約、そして契約社員に昇格して3年契約と、計6年続いていて、この5月いっぱいでもう契約が切れるところだった。契約書には「3年を過ぎての再契約はない」と明記してあるのだが、もうええ歳だし、今やってる仕事もちょいとベテランになってきたし、編集局の意向で再契約が決まった。正直うれしい。


 ただ、何年契約で延長が決まったのか尋ね忘れた(ドジである)。この懸案はちょっとした胸の棘だったので、解決した喜びが多きすぎたのだ(部長がヒマそうなときに相談しよう)。また3年の延長なら、その間に還暦を迎えるが、定年は65歳の時代へ今年から突入だ。さて、バイトでもなんでもいいから再契約を重ねながらいつまでこの仕事が続けられるか。


 そんなことがあって、上のようなことを思っていると、よく電話をくれていた読者、もう70歳後半の女性だったが、その身内の方から「母が亡くなりました」と手紙が届いていた。親に捨てられ、お寺に拾われて育ち、読み書きが不自由で独学、後妻で入った家には両性具有の子供がいて、その子が白血病で、とちょっと何処まで信じていいのか分からない(ときどき内容が変わるものだから...)身の上話を聞いたり、ちょっとした生活の小言や疑問を聞いていたのだった。その中に「世の中には『割り算の九九』というものがあるそうで、それを知りたい」と電話で頼まれたことがあった。「割り算の九九」の一覧表を送ったのだが、今日届いた訃報の中に「お母さんが割り算の九九を嬉しそうに眺めていました」という一文があって、ちょっと泣いてしまった日でもあった。




 そんなこんな。



只今のながらCD

Johann Sebastian Bach GOLDBERG VARIATIONS / YUJI TAKAHASHI
[PR]
Commented by はしる at 2013-02-01 23:45 x
契約更新おめでとうございます。
また、読者さんのお話し、よいお話しですね。「割り算の九九」は初めて聞きました。
Commented by テキーラ at 2013-02-02 00:43 x
うう炅

歌もいいちゃ
Commented by at 2013-02-02 07:00 x
良いお仕事ですね。
Commented by izumi at 2013-02-02 08:33 x
短編小説みたいです。
私もパンタタさんの手書きの九九が、
欲しいな。あ、おはようございます。
Commented by パンタタ at 2013-02-03 17:28 x
はしるさんへ

ありがとうございます。
これもお酒をやめた御利益です。
「割り算の九九」はいろいろあるみたいですが、
検索すると出てきますよ。
「にっちもさっちもいかない」は割り算の九九から来てる言葉だったと思います。

Commented by パンタタ at 2013-02-03 17:29 x
テキーラさんへ

携帯からですね、絵文字化けしていて、最初PCで分かりませんでしたが、
携帯で見ると涙してました、笑

Commented by パンタタ at 2013-02-03 17:30 x
文さんへ

首がつながりました。
春よはやく来い。

Commented by パンタタ at 2013-02-03 17:32 x
izumi さんへ

えっ、手書きの九九じゃないですよ。
ネットの威力です。
イカ焼き、火曜だよ。

by alglider | 2013-02-01 22:25 | 短歌 | Comments(8)