弥生尽日  一首



f0100480_22393454.jpg



23:06


右 脚 の し び れ た る 日 の お し ま ひ に 黄 色 い 花 と 苺 を も と む



みぎあしのしびれたるひのおしまいにきいろいはなといちごをもとむ






 義母の暮らす


 介護ホームに行こうと思っていたら、お咲きさんが毎週二人が首をそろえて行かなくてもいい、と言うので、義母は実子に任せ、私は天気も良いので公園まで春のお散歩へ。


 府立公園で桜がそこそこの数植わっていて、毎年、そこそこの人でにぎわう、笑。公園側も頑張っていて「春爛漫」の幟を立てている。私が小さかったころの花見といえば、一家総出の大イベントで、朝からおにぎりやまたは巻き寿司などをつくり、水筒、日本酒、茣蓙なども用意し、それを電車で出かけるのだから、そりゃ大変だった。今は車でBBQのセットを運びこみ友達同士でやんややんやと大掛かりにやるか、コンビニ弁当で簡単に済ませる人か、見ているとだいたいそんな感じだ。


 そうやって眺めていると、自分もお腹がすいてきて、3時からプロ野球中継もあったなあ、と思いだし、花の写真を4枚ほどmixi に送って、買い物をして家路についた。


何ごとも起らない春の一日。いや、右脚が痺れていたのだった。リハビリ散歩。


そんなこんな。



只今のながらCD

YOUNG D.JANGO / STEPHANE GRAPPELLI
[PR]
Commented by izumi at 2013-04-01 07:29 x
黄色の花は、なんの花だったか少し気になっています。
私は黄色のフリージアの香りが 大好きです。クロッカスの黄色も、菜の花の黄色もいいなぁ。
なんか黄色の花は、私にとって、「希望の色」というイメージです。
育てている唯一の薔薇も黄色。水仙も黄色。黄色は元気をくれます。卵の黄身の如く、笑
Commented by izumi at 2013-04-01 07:33 x
追伸、写真の桜草も、小さい頃から大好きな春の花です。風に揺れると美しいです。白いのも、淡いピンクも、淡い紫もみな、かわいい。こぼれ種で増える逞しさも好きです。
Commented by 雪太郎 at 2013-04-01 08:25 x
昔のお花見って一大行事でしたね。
便利なものは何もなかったけど、それだけ、準備する楽しみもあったような。
しかしまぁ、今でも花見となれば、みんな楽しそうで、それはそれでいいのかな、なんてことを思ったり。
ただ桜の花の下をポツポツと歩いて帰って来るだけでも、いいものですね。
Commented by パンタタ at 2013-04-01 20:53 x
izumi さんへ

黄色はたしかに元気をもらいますね。
黄色いチューリップを求めました。
菜の花も今がきれいです。自ら喜んで咲いているよね。

桜草は御近所のプランターから撮ったもの。
幾つものプランターに咲き誇り、揺れていましたよん。

Commented by パンタタ at 2013-04-01 20:59 x
雪太郎さんへ

半端なく、みんなで大騒ぎする花見は何回か経験したなあ...
まだ、お酒を飲んでる頃で、BBQとかそんな簡単なものじゃないの。
天ぷらを揚げて日本酒とか、
北海道からラム肉を仕入れ、
魚はどこどこから、って市場のような状態になるんですよ。
滅茶苦茶だけど、いい思い出。
アル中の人の中には、そんな思い出を全部消したがる人もいますが、
私ゃ平気でござりまする。
宴会の中心人物(女性)がいてね、
その女将がひと声かけたら、
鹿児島からレズビアンの子たちや、
大阪にゲイの子たちや、落ちぶれた過去のロックスターとか、
とにかく濃いの。
朝から深夜まで、体力勝負の花見です、笑。

by alglider | 2013-03-31 22:39 | 短歌 | Comments(5)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧