低気圧の中  木蓮短歌一首

f0100480_2041980.jpg



21:46


ゆ ふ ぐ れ に 触 る る と 落 つ る 木 蓮 の 燭 台 ひ と つ 灯 し て ゆ き ぬ



ゆうぐれにふるるとおつるもくれんのしょくだいひとつともしてゆきぬ




 昨日は


 拓諳さんと「中国 王朝の至宝」展を見に行き、今日は拓諳さんと映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」を見に行ってきた。何も拓諳さんが “ヒマ人” であることを言いたいわけでなく、私にお付き合いしてくださる奇特というか奇癖の持ち主のお一人であるということを言いたいのである。台風並みの低気圧二つ大接近の中、雨風の中、二日間のお相手ありがとう。


 去年の今日は六週間の入院を終え退院した日(そうだ、一年前も拓諳さんがレンタカーで迎えに来てくれたのだった。今日は自家用車。社長、儲けたはります、いやいや)だ。桜が咲き始めたころで、退院即花見だった。早いなあ。目の前にあるものの方が記憶に残らない。懐かしさは壁に染みつくほど流れた血の量だ。それは早くも遅くもなく、ただ “在る” 。懐かしさは届かぬから愛おしく、やり直せぬから私を苛む。


 
そんなこんな。



只今のながらCD

MOVE / HIROMI The Trio Project feat ANTHONY JACKSON, SIMON PHILLIPS
[PR]
Commented by 稲泉 at 2013-04-07 21:58 x
もう1年になりますか。
Commented by 拓諳 at 2013-04-07 23:13 x
昨日今日、そして来週再来週と、今月はパンタタさん強化月間ですね(なんだそりゃ)笑
いや、こちらこそ充実した土日でした。お疲れさまでした!
Commented by パンタタ at 2013-04-08 00:05 x
稲泉さんへ、

そうなんですよ。もう1年、まだ1年。
後遺症に悩まされております。

Commented by パンタタ at 2013-04-08 00:07 x
拓諳さんへ

どうも、雨の中引っ張りだしちゃってスミマセン。
一人では恐かったもので。
来週も再来週もお会いできますね、笑
では、おやすみ。

Commented by はしる at 2013-04-08 00:49 x
>目の前にあるものの方が記憶に残らない。懐かしさは壁に染みついてしまった流れた血の量だ。それは早くも遅くもなく、ただ“在る”。懐かしさは届かぬから愛おしく、やり直せぬから私を苛む。

この言葉もストンと入ってしまいました。
前回のお歌といいこの言葉といい、このところパンタタ♡さんには捕らわれっぱなしです。

退院一周年。快方に向かわれていることとお喜び申し上げます。とはいえ、お大事になさってください。
Commented by ya at 2013-04-08 07:19 x
写実歌の佳品。推敲すれば、絶品となるでしょう。
by alglider | 2013-04-07 20:41 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧