ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

朝のメール   二首


f0100480_2381313.jpg


23:46


暖 簾 と ふ 結 界 あ り し が 酔 ふ ほ ど に 頭 を た れ る 無 頼 で あ り き
のれんとうけっかいありしがようほどにこうべをたれるぶらいでありき




無 頼 と ふ 呼 び 名 も ら ひ し 吹 き だ ま り 猫 の い つ ぴ き シ ャ ツ に 包 み つ
ぶらいとうよびなもらいしふきだまりねこのいっぴきしゃつにくるみつ




 断酒会で


 知り合った仲間から「進行性食道癌で放置すると余命10カ月の宣告を受けました」と今朝メールが入っていた。参加している断酒会ではカミングアウトしているようだが、すでに断酒会を離れてしまっている私にも報告をくれたのだった。抗癌剤治療と放射線治療を入院・通院で続けるという。


 私はすでに食道癌で友人を3人うしなっている。胃癌の友などは手術を受け、今はぴんぴんしているが、どうも食道癌というのは私にとっては良くない響きを持っている。頑張れとは言わない、最後まで生きて!と言おう。


 「死んでも最後までお酒を断っていた」という諦念の賛辞は断酒会の多くの人が口にする哀悼の表し方だが、そんなところに問題があるのだろうか? 常々疑問に思っている。生きて死んで、その人生の中に酒に依存した時期もあれば酒を断った時期もあって、多くのことは知らなくても恋人がいたり、親子の情や縺れがあったり、花を摘んだり、写真を飾っていたり、想像や思いを馳せることはできるし、やはりその人丸ごとで見送ってやらねばならぬだろう。メールをくれた友人はこれからが闘いだから、こんな文章は不穏であるし、10ン年断酒をしている彼は今、断酒会から力をもらっていると書いていた。それはそれでいい。しかし、私は思うのだ、アルコール依存症者の最後をお酒を断っていたかどうかで量るべきではないと。一人の人間の死に戻してあげるのが、お酒からの解放であろう。死んでまで飲んでいた、飲んでいなかった、と酒をメルクマールにされて言われたら、私なんか化けて出てやる、笑。



 そんなこんな。



只今のながらCD

CURTIS CREEK BAND / CURTIS CREEK BAND
[PR]
Commented by Bombori at 2013-07-19 00:46 x
私は宙ぶらりんな状況ですが、お酒をアイデンティティとしてるものからしては、考えさせられるお話でした。
Commented by 辰巳泰子 at 2013-07-19 01:06 x
お酒さえなければ、あんなこともこんなこともなかった、と思える人は、お酒のせいにしている時点で、断酒しようとも、自分の人生、いきてない。

家族が、あなた酒場通いをやめて!…と、言っているのに、やめないで離婚になった人が、酒場通いのせいだと認めない。家族を捨てても、酒場に通い続ける。

酒のタームを、短歌とか、ブンゲイに、置き換えてみよう。

きっと、何かが見えるはず、、、

キヒヒヒヒ……
Commented by 雪太郎 at 2013-07-19 08:21 x
依存症までいかぬが、無類の酒好きで、多少はまわりに迷惑かけて・・・というレベルの場合は、どうなんでしょうね。
「倒れる直前までいい気分で飲んでたね」なんて、弔辞で言われたりすると思うんだけど、その場合、あまり気にする人はいないような・・・。
依存症というハンコ(と言っていいかどうかわからないけど)を押されたときから、とても気にしてしまうことになって、それで、「最後までやめていたね」の言葉に敏感になるのかな。

酒に限らず、「最後まで○○していた」とか「最後まで○○をやめていた」という言葉、お葬式では使われると思うんだけど・・・。

あー、でも、やっぱり繊細にならざるを得ない、苦しい経験があったのだ・・・ということなんだろうなぁ。
Commented by むらしん at 2013-07-19 08:34 x
弔いの一切は残された者のためにあると考えている自分には、断酒会の方々の哀悼表現は自らへの叱咤と激励なのかもしれないと感じました。
そして、それに違和感を感じるパンタタさんは断酒会から離れている。それが全てな気がします。

いろいろあって断酒までいかない節酒中の依存症予備軍より。
Commented by izumi at 2013-07-19 15:05 x
私はほぼアルコール依存症だと自分では思っています。
ただパンタタさんがおっしゃるように
飲み過ぎてダメだった日のな自分も
飲まないで夢中で何かをやった日の自分も
まるごと私です。

私自身とお酒の問題は、とても深い所でリンクしているので
今は自分自身が穏やかにいられるように心がけています。
穏やかでおれれば、酒を飲むことも忘れて娘や犬と遊べます。

なんか、酒が悪いんじゃなくて、時に悪い酒にしてしまう自分がいやになってまた飲む、なんて事があります。
でも、ちょっとずつ「こうしよう、こうなろう」と思っていて努力したらば少しずつでも自分を赦し、違う風が吹く日もあると思います。
なに書いてるかわかんなくなってしまった。
すみません。
Commented by パンタタ at 2013-07-19 23:03 x

コメントへの返事は明日~。すみませ~ん。

Commented by パンタタ at 2013-07-20 13:53 x
Bomboriさんへ

>お酒をアイデンティティとしてる
というのはよく分からない部分もあるのですが、
「オレから酒を取ったら何が残るねん」
「酒がない人生だったら死んだ方がマシや」
とかいうやつでしょうか。
お咲きさんにも、あんたも飲んでるときそう言ってた、
と教えられましたが、全く本人は記憶にない、笑
飲めない人は飲まずに、
飲める人はほどほどに、というところでしょうねえ。

Commented by パンタタ at 2013-07-20 14:05 x
辰巳泰子さんへ

>あんなこともこんなこともなかった
という来歴を否定する振り返り方は、
はっきりとは申せませんが、お酒断ちに失敗するように思います。
なぜなら、そこにかなりの未練が含まれているし、
他人事のような怨念を感じます。
やはり、もとのお酒を飲める体や心には戻れず、
毎日は意識せずともお酒を断つという思いを横に置いた、
二人三脚のような暮らしになるんじゃないかなあ。
日頃忘れていても、ふと先に逝った人の話が耳に届いたりして
自分を振り返ります。
酒のタームのことは、当たってはいないかもしれませんが、
少し考えていたところでした。
追伸。キヒヒヒヒ....はちょっと怖いです、笑

Commented by パンタタ at 2013-07-20 14:17 x
雪太郎さんへ

>無類の酒好きで、多少はまわりに迷惑かけて・・・
日本は依存症のハードルが高いので、多少の迷惑ではどうってことないでしょうが、アメリカなどではアウトの診断がくだるかもです。
最後まで○○してた、はいいのですが、
お酒でひと括りにされると、私は嫌だなあ。
嫌だけど、それしか言われないなら、それだけの人生だったのかもしれん。
雪太郎さんのレスは最も至極で、
やはり、依存症というバイアスが私にはあると思いますよ。
それは仕方ないし、それはそれで見えてくるものもあるし、
楽しいこともあります。
こうやって人と知り合ってるしね。
部屋に籠もって陰々滅々と飲んでるよりいいですわ。

http://www.kurihama-med.jp/alcohol/kast.html

依存症のスクリーニングテストどうよ、笑
izumiちゃんもどうぞ。



Commented by パンタタ at 2013-07-20 14:31 x
むらしんさんへ

断酒会に通ってるときからの疑問だったんですよ、これは。
でも、会の中での言葉だから、その場では通じるのかもしれません。
外の生活空間へ持ち出すべきではないのかも。
そういう意味では失敗ですか。
>弔いの一切は残された者のためにあると
これは「死にゆく者はすべて他者である」という
見送るものは生者でしかない、という不思議なんでしょうね。
しかし、私はやはり弔いは死者に届けたい。
そうドライに割り切れないんです。
私の歌はそこあるような気がしています。
うじうじしてるんです、笑

Commented by パンタタ at 2013-07-20 14:38 x
izumiさんへ

>今は自分自身が穏やかにいられるように心がけています。
これはすごく大切なことだと思います。
経験上、怒りの感情がお酒と最も結びつきやすいです。
悲しみや寂しさよりも
怒りと結びついたアルコールが一番難儀な気がします。
○○だから、と条件を付けて飲むと
習慣になり、それから依存にもなりやすいかなあ。
私もよく分からないんですよ、笑

しかし、依存症予備軍の人多いなあ、笑

雪太郎さんところに記入したスクリーニングテスト、
試してみてください。

Commented by はしる at 2013-07-20 15:54 x
アルコールではないけれどわたしも依存しているものはあると思う。
SNSかな?
暇がなくても開けてしまう。
いつも寝落ちだし。

しばらく慎みます。



が、出来たら良いのだけれど。
Commented by パンタタ at 2013-07-20 18:23 x
はしるさんへ

まあ、人は何らかに頼ったり、依存してると思いますよ。
過剰で社会生活に支障が出てるのに、
止めることができないようなら、
病的ということになりましょうか。
SNS、分かる分かる、笑

by alglider | 2013-07-18 23:08 | 短歌 | Comments(13)