「ほっ」と。キャンペーン

鶏頭   一首


f0100480_2319224.jpg


23:36


鶏 頭 の ゆ る ゆ る ゆ る る 送 り 火 の そ な た は 無 念 の か た ち な り し か



けいとうのゆるゆるゆるるおくりびのそなたはむねんのかたちなりしか




 今日から


 仕事再開。五日間のお盆休みも、お咲さんの実家忘れ物事件や入所してる義母に会いにいっているとあっと言う間だった。お咲きさんは、この月曜から東京出張だから、私は久しぶりに外食したりしたが、店を選ぶだけで疲れてしまう。こういうとき回転寿司って力強いアイテムだなあ、って思う。と、書いても回転寿司に行ったわけではなくって、何やら豚の生姜焼き定食のようなもの(味は生姜ではないのだが、豚肉の形状が似ている)を食べた。肉は久し振りである。


 夏の終わりの鶏頭の花が好きである。



 そんなこんな。



只今のながらCD

2032 / GONG
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2013-08-22 08:25 x
そうか、鶏頭の・・・あ、昔からある赤い鶏頭の花ですが・・・は、送り火のように見えますね。
気付きだなぁ。
Commented by パンタタ at 2013-08-22 22:50 x
雪太郎さんへ

鶏頭って花とは知らない時期が長くありました。
変なぐちゃぐちゃした赤い植物。
それが花だと知って急に好きになってね。
変なものです、感覚って。
今調べたら、学名は燃焼からきてるんだそう。

by alglider | 2013-08-21 23:19 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧