「ほっ」と。キャンペーン

秋のやう   一首


f0100480_21331565.jpg


21:35


涙 雨 い や い や ち が ふ お い そ れ と 名 付 け ら れ な い 思 い 出 の や う



なみだあめいやいやちがうおいそれとなづけられないおもいでのよう




 中原中也の「秋」


昨日まで燃えてゐた野が
今日茫然として、曇つた空の下につづく。
一雨毎に秋になるのだ、と人は云ふ
秋蝉は、もはやかしこに鳴いてゐる、
草の中の、ひともとの木の中に。


 ひと雨毎ではなく、たったひと雨で秋になってしまったかのように、外の夜風は涼しい。虫の音も夏よりも遠くまで運ばれて響く。遠くまで響いていると、自分の思いも遠くまで届けたくなる。


 それが秋の切なさ、やるせなさというものではありませんか。梨でも食べて、目の前に私のことをつなぎ止めませう。しゃりしゃりと私も秋の音をたてる虫。




 今夜のCD はテキーラさんに送ってもらったザッパです。そんなこんな。




只今のながらCD

ONE SIZE FITS ALL / FRANK ZAPPA and The MOTHERS of INVENTION
[PR]
Commented at 2013-08-26 21:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by パンタタ at 2013-08-28 21:41 x
非コメさんへ

まちがって非公開をクリックしてしまったのでしょうか?

もっと遠くまで、とは思いますね、私。
非コメさんは馬力というか、情熱的だからなあ、
どこまでも行けそうです。

梨食べてますか?、笑

Commented by はしる at 2013-08-29 01:14 x
すみません。
非コメのところに触れてしまうと直せないのですね。
iPhoneはタップで簡単ですが事故(?)も多いですf^_^;

おまじないとして梨食べてますよ(笑)
そうでないと何処かに飛んで行ってしまいそう。
本当は来週あたり大阪にでも行きたいところなのです。
by alglider | 2013-08-26 21:40 | 短歌 | Comments(3)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧