肝むかふ     一首


f0100480_16474240.jpg



17:39


浪 漫 と か 憧 憬 で な く 肝 む か ふ こ こ ろ つ か ま れ 泣 ひ て し ま へ り



ろまんとかあこがれでなくきもむかうこころつかまれないてしまえり




 ダメージが深く


 連休もただただ耐えるだけの長い時間のようです。明日のため、また次の明日のため、われに穏やかな勇気を。


 一日中キース・ジャレットの「サムウエア」を聴いている。こういう心理状態に寄り添えるのが絵画でもドラマでもなく、また言葉でもなく、音楽だというのが音楽のすごいところ。



 そんなこんな。



只今のながらCD

SOMEWHERE / KEITH JARRETT, GARY PEACOCK, JACK DeJOHNETTE
[PR]
by alglider | 2013-09-15 16:47 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧