如月尽日   一首


f0100480_2230279.jpg


22:52


朝 ま だ き 蕾 の ご と く 膝 を 抱 き こ れ か ら と い う 時 間 を 厭 う



あさまだきつぼみのごとくひざをだきこれからというじかんをいとう




 26日に


 仕事を休んで瀉血に行ってきた。400ccを採る。途中で血が固まらないように専用の針が太いことは以前に書いたが、その太い針が詰まって(やはり血液に濃度が高いのだろう)、あれ、あれ、と先生が針を動かすので、うん、それは痛い。で、結局、隣りの血管へ再度刺したので、今、右手の後肘部は深い紫色になっております。


 今回は前回の瀉血の成果が出ていて、次は1カ月後(今回は3週間のインターバルだった)となった。そして、ハイドレアカプセルという抗癌剤が処方された。薬事法で劇薬分類の薬で、様子を見るために火曜と金曜の朝食後に1カプセルずつ飲む。で、今日、初めて服用したのだが、確かに世に言われるように抗癌剤は体がだるい。吐き気はなかったが。髪が抜けるかも、泣


 遺伝子異常を起こした骨髄がわんさかわんさかレナウン娘のように必要以上に血を作るものだから、血が濃くなっている。で、脳血栓や心筋梗塞などのリスクをさげるための血液成分操作(とにかく赤血球、ヘマトクリットの数値を下げないといけない)なのだが、薬自体には副作用として骨髄抑制や間質性肺炎などを引き起こす可能性を数%持っている。


 怖いといえば怖いが成果が出れば控える。原因不明で完治はないのだから飲み続けるわけではなく、リスクとベネフィットの駆け引きをしながらの寛解治療だ。血液の数値が改善されれば休むことになるのだと思う。思う、というのはずいぶんのんびりした話だが「はい、あなたは慢性骨髄増殖性腫瘍の一つ、真性多血症で血液の癌です」と言われ、今のところ、ざざっとネットで目を通しただけだからなあ。これからぼちぼち知識を身につけようと思う、のんびりと焦っていない自分がいる。


 ついで主治医は女医さんで、めちゃめちゃ別嬪さんです。針を一回で決めてくれたら申し分ないのですが、笑。



f0100480_821248.jpg

 病院帰り、ノエルさんの情報で知った伊丹市昆虫館へカメムシ企画展「カメムシだらけにしたろか~!」を見に行く。


 


 そんなこんな。


f0100480_2226182.jpg



只今のながらCD

TOUCH THE SOUND / EVELYN GLENNIE
[PR]
Commented by izumi at 2014-03-01 04:48 x
大変な治療に取組んでらっしゃるんですね。驚きました。
別嬪な女医さんに援護射撃をしっかりして頂いて、パンタタさんも養生されて、早く良い状態(寛解)にいくように、心からお祈りします。
シンどいとはパンタタさん、おっしゃらないけれど、苦しい部分が多々あると思います。周りの方に時にはもたれて、甘えて、治療頑張って下さい。
Commented by やねうらねこ at 2014-03-01 05:58 x
しんどそうな治療ですね。でも主治医がめちゃめちゃ別嬪さん…というのはせめてもの救いかなぁ。注射も最初はともかくうまくなると思いますよ。
あと治療がうまくいって楽になるように祈っています!
Commented by パンタタ at 2014-03-01 17:47 x
izumi さんへ

大変ということもないのですが、邪魔くさいですなあ...
瀉血は針を刺すときの痛みですから、
まあ、子供が予防接種を嫌がるようなもんですわ。
あと、薬の副作用がどうなるか、未知数で、これが何ともはやです。
やれやれ。

Commented by パンタタ at 2014-03-01 17:48 x
やねうらねこさんへ

別嬪さんが救いというのは、救い難い漢なのかもしれませんな、笑
月一回、一喜一憂する生活が続きそうです。

by alglider | 2014-02-28 22:30 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧