「ほっ」と。キャンペーン

充実の一日てか   一首



f0100480_17463518.jpg


23:42


見 お さ め と も う 見 お さ め と 過 ぐ る 日 の 退 屈 き わ ま り な き 愛 し さ



みおさめともうみおさめとすぐるひのたいくつきわまりなきいとしさ




 今日は


 隣りの市にある年金事務所まで後納手続き更新へ行ってきた。土曜は月に一回、第二土曜しか開いていないので混む場合がある。9時半開所だったので、ま、その時間には着くように出かけた。相談に来てる人はまばらで、番号札を受け取って30分も待たなかった。


 過去10年に遡り、払っていない国民年金を払えるようになったのが2年前の10月ごろだったと思う。アル中時代払ってないので、後納制度を利用してるのだが、毎年、年度替りに新しい振り込み用紙を申請しないといけない。去年も3月第二土曜に更新手続きをしたので、今年もそれにならって行ったわけだけど「4月でないと受け付けられない」と若い担当者が言う。


 うーん、それはおかしいんではないの。初めて訪れたときの担当者が親切な人で「来年の2月下旬か3月初旬に更新手続きしてくださいね」と忘れないように注意書きのメモをくれている。それを見せながら「去年も3月の第二土曜に更新したんですよ」と言っても「それは間違ってます」と言う。じゃ、間違ったのはどちらなの?ということになるのだが、何だか私がクレーマーのような具合だ。


 年金事務所はお粗末な不始末をやらかしているので、対応は「そこまでせんでも」というぐらい腰が低い。「ちょっとそれはおかしいでしょ」と普通の声量で言う程度で「大声は出さないでくださいね」とでも言いたそうな困った顔をするものだから、こっちがクレーマー気分になる。それこそ困った話である。何とか受理してもらったけど、混んでなかったので予定よりずいぶん時間が余っちゃった。


 スタバ(あまり好きではないので3回目の入店)で雪太郎君とizumi ちゃんに葉書を書く。やねうらねこさんの歌集を読みながら付箋を貼る。そんなことをしながらお昼1時過ぎまで過ごして蕎麦屋へ。


 馴染みのところ(と言ってもしょっちゅう顔を出すわけではない)だから「あら、久し振り。元気でした?」と痛いところ突かれ「いやー、変てこな病気になってもて」と月に1回、血を捨てに行く話をすると「えー、昔なら売れたのにねぇ」っていつの時代の話だ。「そんな変な病気にも病名はあるの?」って聞くから「真性多血症」って答えると「ちゃんと血が多いって言葉が入ってるのね」って、どこまで天然なんですか、笑。「粗挽きおろしそば」を食べてから「細切り」を一枚追加。「そばがき」をサービスで出してくれた。お咲きさんがここのそばがきを初めて口にしたときの言葉は「今まで私が食べていたものは何だったの?」であった。おいしくワサビと辛味大根と醤油でいただく。


 そのあと整体へ。充実の一日てか。




そんなこんな。



f0100480_23291975.jpg

只今のながらCD

TONIGHT JOSEPHINE / TAPE FIVE
[PR]
by alglider | 2014-03-08 17:46 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧