半分が過ぎました  一首


f0100480_17412620.jpg


18:55


交 わ す べ き 言 葉 を 捨 て た 舌 打 ち が 合 図 の よ う に 日 照 雨 ふ り く る



かわすべきことばをすてたしたうちがあいずのようにそばえふりくる




 七夕


 に晴れていた記憶がこのところない。だいたい七月のかかりなものだから、梅雨明けしていない年の方が多く、また雨が降ってなくても曇の広がる夜空が多い。それに晴れたというか、雲一つない空であっても、街のネオン、家々の暮らしの灯で空はぼわーっ、と明るい。いわゆる“光害(無責任なネーミングだけど)”というやつだ。子供のころ、のんきに笹飾りなどを作っていたころの空ってどうだったのだろう? 覚えていない。もう少し気候は落ち着いていて、空も暗かったのかもしれない。


 “天の川”という天体があるのではなく、わが身が属している銀河を地球という端っこから眺めているだけなのだ、と知ったのは割と新しくて、それまではアンドロメダ星雲のように“天の川”という星雲があるのだと思っていた。


 子供のころに図鑑で見た“天の川”を体感したのは、30年近く前のことで、お咲さんの実家、丹波(平成の大合併前は氷上郡)へ帰省し、床几に寝ころび空を仰いだ時のことだ。山々の黒々とした陰から抜け出て広がる夏の夜空に、それは横たわっていた。どう、どう、と星々が波を打ち、波濤の先は予言めいた輝きを放ち、大きな大きな金襴緞子の帯のような、伝説の大蛇(おろち)のような。はあー、と溜息をつきながらしばらく寝ころんでいた。子供が生まれたばかりで、私の周りは初めてのことばかりだった。



 そんなこんな。


f0100480_18394644.jpg

只今のながらCD

PERFORMANCE ROCKIN' THE FILLMORE / HUMBLE PIE
[PR]
Commented by はしる at 2014-07-05 21:01 x
天の川が見えるってとても素敵な環境だと思います。お子さんが産まれたばかりで始めての天の川をみたなんて感慨ひとしおだったことでしょう。
私の住んでいるところは私が高校生くらいまでは天の川が見えましたよ。みかん畑が住宅地になったための光害が大きな要因で今はほぼ見えません。
Commented by ツトム at 2014-07-06 06:46 x
旧暦の七月ならば晴れの確率はかなり高まるのですけどね。少年時代の夏はボーイスカウトのキャンプで夏の星空を幾度も見上げましたが、滋賀・あいばの高原でみた降るような天の川と、オーストラリアでみた南十字星は忘れられません。ああ、きれいな星空を見上げるためだけの旅に行きたい。
Commented by パンタタ☮ at 2014-07-06 19:00 x
はしるさんへ

天の川って見えないことが続くと、見えないものだと思い込んでしまいます。
そう思っていたような気がしてきました。
それだけに見えた時の感嘆が今も残っているのだと思います。
街の中では見たことがないです。
どんどんおとぎ話のような日本になっていきますね。

Commented by パンタタ☮ at 2014-07-06 19:03 x
ツトムさんへ

そうやね、旧暦でいかなあかんねんね。
ボーイスカウトだったんですか。
それではボーイの時代に天の川をみたんですね。
ツトムさんのボーイ時代。ふむふむ(小枝風に)、どんなんかなー(仁鶴風に)。
南十字星は見たことがないけれど、
ええもんでしょうな。
星を見上げる旅よりも星になる方が早い私です。

Commented by 雪太郎 at 2014-07-08 17:28 x
あ、奇しくも今日、「七夕は旧暦でやるべし」って書いたとこだった。
梅雨まっただなかじゃ、織姫ちゃんも彦星ちゃんも、参っちゃいますよね。
「今年もカササギ、飛ばないみたいだから、行けないわ~」
「いいかげん、テレビ電話つけようぜ」
みたいな会話、してそうです。

天の川を英語でミルキーウェイというと知ったとき、牛乳嫌いの私は、マジでオエッとなりました。
カルピスウェイならいいのに・・・なんて、思った30年以上前の夏の夜でした。
Commented by パンタタ☮ at 2014-07-09 22:49 x
雪太郎君へ

「七夕は旧暦でやるべし」、読みました。
隣町の枚方市、交野市には七夕の伝説がいっぱいあって、
川の名前もずばり「天の川」なんていうのがあって、
もちろん鵲橋が架かっています。
機織神社っていうのが七夕まつりをして、
星が降ったと伝えられる石の伝説も。

あ、雨、豪雨だいじょうぶですか?


by alglider | 2014-07-05 17:41 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧