台風一過向日葵    一首



f0100480_1932737.jpg


21:07


爪 を 噛 み 見 る も の な べ て 不 安 な る ル ド ン の 花 を 壁 に 認 む る



つめをかみみるものなべてふあんなるるどんのはなをかべにみとむる






 6日水曜日に


 血液検査に行った。それから瀉血の予定だったが、ヘマトクリット値(wiki:血液中に占める血球の体積の割合を示す数値。ほぼ赤血球の体積比と等しい。貧血検査などに利用される。成人男性で40-50%、成人女性で35-45%程度が正常値であるとされる)が40%を切って39.9%だったので、主治医に「今日、瀉血は中止」と言われる。真性多血症と診断された時は60%近く、45%まで落とすのが目標だったので、赤血球も白血球も血小板もまだまだ標準以上の数値だけれども、一つはクリアできたわけだ。瀉血もだけど、週に2錠の抗癌剤がよく効いているようで、次回は瀉血の予定なしの診察だけになった。万歳。


 生理食塩水の点滴だけを済ませ、万歳、万歳と昼から仕事に戻るつもりだった。つもりだった、というのは、病院のトイレを利用しようとドア(障害者用のドアは少し重い)を開けるときに変なふうに腰に力が入ったようで「ぐぎっ」と、ぎっくり腰=GGをやってしまった。もともとGG持ちで「このごろピリピリ来るなあ」と思っていたところだったのだ。病院でGGだからそのまま整形外科に行けばよさそうだけれども、予約の人ばかりだから、何だか気おくれしてしまって、ちょいと辛抱すれば治るだろうと、高を括って杖を突き突き処方薬局へ向かったのだった。それが、だんだん痛みがひどくなり、大阪駅に着いたころには、這う這うの体でベンチにへたり込み、職場へ「今日は休みます」の電話を入れたのだった。


 その日だけ仕事を休んで話が済めばよかったのだが、結局、翌日も翌々日も仕事には行けなかった。歩けるまでには水曜から日曜まで5日間もかかったわけだ。木曜を休み、さすがに金曜も休むとは電話しづらかったが、ベッドから動けないのだから仕方がない。部長に「病院に行ったのか?」と聞かれたけれど、救急車を呼ぶわけにもいかないだろう。ま、とにかく金曜日タクシーを呼び、ネットで探した整形外科へ。問診票に「胸椎硬膜外血腫」のことを書いておいたら、先生が「よく歩けるまで回復しましたね」と驚いておられた。それはそれで患者と医者との信頼度が増す嬉しいコミュニケーションだった。レントゲンを撮ったところ、私の骨はS字型になっていなくて腰に負担が掛かりやすいまっすぐな形だとか。以前手術で背骨の棘突起を三つほど取り除いてるのが関係があるのかもしれない。


 で、腰の二か所にブロック注射を打ち、ロキソニンとロキソニン湿布と頓服のボルタレン座薬が処方された。それで帰ろうと思ったのだが「待てよ、ここまで来たらもうちょっと」と、整体の先生に電話を入れ、あいてる時間があるかを尋ねる。1時間ほど待てば診てくれるというので、電車に乗った。ちょいとブロック注射が効いてきたのだろう。整体に行ったのが正解で、みるみる体が楽になった。ちょいとした体操を教わり、コルセットの正しい締め方も教わり、寝ころび方を教わり、と特典がいっぱい。実はこうやって椅子に腰かけているのが一番駄目らしい。安静に横になるか歩けるときは歩く、それが良いらしい。で、台風のあとに歩きに出て、その名残、俯く向日葵の写真を撮ったというわけである。






 明日から仕事に出るぞ!そんなこんな。




f0100480_20562451.jpg

只今のながらCD

SAIKO / QUIDAM
[PR]
Commented by はしる at 2014-08-10 21:35 x
医師とのコミニュケーションは大事ですから、良い先生と巡り合えたのでしょう。
しかしお大事に、ですね。背骨は背骨で必要な数があるのですね 。
っていろいろ手術されているのですねぇ。
本当にお大事に。
Commented by at 2014-08-10 21:49 x
この度、私におつきあいくだされたのは、僥倖であったのか、などと思いつつ。次の上阪のあかつきには、またもやデイトくだされたく、どうぞご自愛くださいませませ。
医者との出会いは、歌友との出会いのごと、大切でありまするなぁ。
Commented by ツトム at 2014-08-11 07:06 x
>「よく歩けるまで回復しましたね」

パンタタさんが飄々としておられるのでつい忘れてしまいそうになりますが、やはりそれほどの大病だったのですよね。「救急車なう」とつぶやかれたときといい、今も変わらぬ落ち着いた立ち居振る舞いといい、パンタタさんはやはり私にとって最高に尊敬する先輩です。「特典がいっぱい」も「いやそれ特典て」とモニターに裏拳でツッコミましたわ。
Commented by パンタタ☮ at 2014-08-11 22:06 x
はしるさんへ

いやー、大きな手術は一回だけ。
背骨を関東のウナギのように開きました。
その際にゴツゴツした棘を取ってしまったんです。
セラミックでも補強してくれたらいいのに、
背中は脊髄むき出しで危険な状態なんです(医者談)。

Commented by パンタタ☮ at 2014-08-11 22:08 x
文さんへ

そう言われると本当だねえ、
1日にぎっくり腰だったら会えていませんでしたね。
歌の神様のお導き、笑
また機会がありますように。

Commented by パンタタ☮ at 2014-08-11 22:10 x
ツトムさんへ

素で「特典」と思ってましたから世話がないです。
言われてみたら、
そのぐらい整体で教えてくれてもいいですよね。
結構なお金払ってるんだから、
ケアも診察のうちですね。
そこらあたりが抜け作でして、
嫁さんにあきれられています。


by alglider | 2014-08-10 19:03 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧