ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

長月尽日     一首

■■
■■
f0100480_2154239.jpg


22:37


耳 順 と は 暮 れ 方 な ら む 誰 か ら も 心 い た だ く 花 い ち も ん め



じじゅんとはくれかたならむだれからもこころいただくはないちもんめ




 何だかんだと


 やり過ごしてきているが、心身ともに調子の方はイマイチで、改善の努力をしない家庭内環境のせいもある。ま、それは、すぐにどうなることでもないので、「イマイチ」とどう付き合っていくかが、時間のかかる解決への第一歩、目の前の問題、問いなのである。


 先日は、朝、調子が悪くって抗不安剤を二錠飲んで仕事に出かけたのだが、これがどっこい、薬を間違っていて眠剤だった。一錠で処方されている眠剤を二錠飲んだのだから眠い眠い。おかしいなあ、と気づいたのは電車の中で、必死で駅に着くまで起きていた。仕事は、ま、その電話もかかってくるし、話もしなきゃならんし、持ちこたえたが、ふと隙間の時間ができるとそこへ吸い込まれそうになるのだった。あれはブラックホールだね。


 短歌も不調、原稿を書く気も起らない。何だか気持ちが落ち込むというより、どこかに散逸してしまっている感じなのだ。心ここにあらず、っておーいどこにあるのだ? しかし、現実にはそうも言ってはおられない。ゆっくりでも地に足をつける術は、お酒をやめてから覚えたつもりである。それと坐禅だな。再開しなくちゃ。そして、これは才能とは別の話ね。短歌は今、穴に入りたいほど恥ずかしい状態です。



 そんなこんな。




f0100480_228594.jpg

只今のながらCD

THE PEARL SESSIONS / JANIS JOPLIN
[PR]
by alglider | 2014-09-30 21:54 | 短歌 | Comments(0)