暗澹たる暴力

f0100480_8411465.jpg


  仮眠をとります.......(_ _;)zzzz......夜の10時までには更新予定です......

 写真は、もちろんEXPO'70ではなくて、JR京都駅ビルの名所(?)の大階段。京都平安会の記念大会の帰りに撮りました。まぁ、初めての人は大概びっくりする異形の駅ビルです。賛否両論あるなか、私は消極的“賛”派ですが、デザイン重視でしょうか、ところどころある透明のフェンスは子供や老人に危険であります。当日なぜかハワイアンの演奏とフラダンスをやっていたけれど、めちゃ季節外れを否めませんでした。現代的なデザインを[遠い記憶]のようにするため、わざと露光オーバーで撮影しました。[さつえい]を変換すると【撮影】の前に【薩英】がでる、いつの時代の重要度なのだろうぅ........

 閑話休題。私はプロレスやボクシング、また映画のハードアクションものなどを見るが、だからといって、なにも争いごとが好きなわけではない。これまでの人生の中で、そりゃ揉め事ぐらいはありましたし、実際の暴力にも遭遇してきました。でもそれは、外を歩けば雨に打たれたり、風に吹かれたりする程度の、だれにでもある普通に想像できる人生の範囲のことです。私個人は現実の暴力というものを、引きこもりとは言わぬまでも、先取りの不安として感じていて、実際回り道などをしてかなり忌避してきたほうです。言ってみれば暴力を恐れて生きたのです。

 断酒会の体験談では暴力の話がよくでます。本人から語られるそれよりも、家族からの言葉はやはりやりきれない。亡くなった今道先生が、ある断酒会で家族の話を聞いて[ようこんだけ悪いことをしてきよったな。おらん方がましやな]とおっしやってました。アル中を助けてきた先生がです(_ _)

 私も酒害者本人でありながらも、家族が受けた暴力の体験談を聞くと暗澹たる気持ちにさせられます。殴る蹴るは当たり前、と言えば全く変ですが、やっぱりベーシックなもののようです。顔を殴ると人目につくので、腹を殴られていたという体験談を聞いたときは、圧倒的な暴力ではなく、圧倒的に自己を防衛しながら相手を管理する支配下に置く姑息周到な暴力に、自分の気持ちをどう整理したらよいのか分からなくなりました。アルコールが理性を抑制し本能をむき出しにさせる、と聞きますが、攻撃と防衛本能が出るのでしょうか.....しかし[本能むき出し]論だけでは割り切れないものを感じます。実際の暴力を振るう代わりといって、奥さんの衣服を切り裂く話に至っては、更に深く絶望を誘います。

 出勤の時間が近づいてきたので、[続き]にします。
 が、圧倒的事実に対しては圧倒的物語が用意されなければなりません。しかし、普通そのような深い闇をくぐり抜けていく才能というか能力は作家が身に付けようとする態度です。だから凡人は[語り続ける]という[行為の物語]をするしかないのかもしれませんが、やるせないし、正直な話、その場への参加はしんどいことです。

今日のながらCD
Shepherd Moons/enya

今日の一文
母の日はたちまち昏れて水中の鼠がねずみとりごとうごく         塚本邦雄


       天武人さん交野断酒会にまたおいでーよー。まってるよー



 

 

 
[PR]
Commented by office-nekonote at 2006-05-29 21:02
DV亭主は洋服などに隠れて見えないところを狙います。その子供たちは兄弟でこれまた洋服に隠れて見えないところを机の下でつねりあいます。塾でほんとに困ったべさ・・・で、奥さんの洋服を切り刻む辺りになると。暴力は最終段階であります。
Commented by alglider at 2006-05-29 21:34
たま猫さん、レスポンス早すぎます(_ _) ではバイトに行ってきます。
Commented by office-nekonote at 2006-05-29 22:11
だって、9時からの『下妻物語』みたかったんだもん。(劇場で見たんですけどね。)
Commented by プータロー at 2006-05-29 22:18 x
俺は手は出さなかったけど、言葉の暴力でした。深い反省いたしてます。
バイト、行ってらっしゃい。
by alglider | 2006-05-29 08:41 | アルコールと自由 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧