「ほっ」と。キャンペーン

体の痛む連休だった   一首


■■
f0100480_1510155.jpg



19:15


投 げ だ し た 裸 の ま ま の わ が 腕 を 半 島 と し て 海 を 思 え り



なげだしたはだかのままのわがうでをはんとうとしてうみをおもえり




 背中や


 脇の周辺が痛む。脊髄手術の後遺症で痛み止めを飲むしか手がないようである。執刀医は「神経も切っているからなあ」と呑気である。もうすぐ術後3年が経つが仕方なし、と私も思う。今は近所のかかりつけ医にロキソニンを処方してもらっているのだが、これはきつい薬で胃薬と一緒に服用しないと胃潰瘍になる可能性がある。市販もされているようだけど、みなさん購入される場合は薬剤師にご相談を。


 ピンク・フロイドの20年ぶりの新譜を買ってよく聞いている。サウンドは要所要所ピンク・フロイドなのだけれども、これはデビッド・ギルモアが居ると嫌でもそうなるわけで、それは彼のソロライブを聴けば分かる。私は欲張りなので、やっぱり(ロジャー・ウォーターズも参加して)1枚のレコード、CDを通して流れるピンク・フロイドらしいコンセプトに期待していたところがあり、少し物足りなさ(散漫さ)も感じている。歌詞がほとんどないのもさみしい。サウンドだけならマニアが聴けばいいようなものだけれども、リック・ライトを悼み偲ぶ思いが通奏低音としてあるので、心を捉えて離さない静謐さがある。これはマニアだけが感じるものではない。ここが痛いところ突いているわけで、実に微妙で複雑な思いにさせられる1枚である。




 そんなこんな。



f0100480_1853028.jpg



只今のながらCD

THE ENDLESS RIVER / PINK FLOYD
[PR]
Commented by izumi at 2014-11-24 19:35 x
痛み、お辛いでしょうね。お薬が効いて痛みがやわらぎますように。
ピンク・フロイド「ファイナル・カット」というアルバム1枚だけ聴きました。今でも印象に残っています。靴音がジャリジャリ入ってはじまる曲とか、ドアの音とか…
ジャケット写真、不思議に美しいですね。
Commented by at 2014-11-24 19:46 x
腱鞘炎に、ロキソニンの塗り薬・ゲルを処方されて2週間、痛みは退きませぬ。パンタタさんの痛みに比べるべくもないささやかなことですけれど。痛いのはいけませぬ。第一、家事をする意欲をそがれます。
パンタタさん、今夜はゆっくり眠れますやうに。
Commented by はしる at 2014-11-24 20:07 x
投 げ だ し た 裸 の ま ま の わ が 腕 を 半 島 と し て 海 は 眠 れ る

腕を半島として
ああそれは確かに半島なのかもしれない。

お大事になさってください。
Commented by パンタタ☮ at 2014-11-24 21:26 x
izumiさんへ

薬で痛みはマシになるのですが、痺れたような鈍痛は治まらないですね。やれやれ。
「ファイナル・カット」はほとんど分裂した状態で作られたアルバムで、ベースのロジャー・ウォーターズのソロと言ってもいい作品です。いいけど。また送りましょうか。
ジャケットいいですねr。たぶんヒプグノシスでしょう。

Commented by パンタタ☮ at 2014-11-24 21:29 x
文さんへ

腱鞘炎や指先の怪我とか、水回りのことをするのに億劫になりますね。それも8.1のせいでしょうか?
塗り薬は只今ボルタレンを買っております。そういえばロキソニンのゲル売っていたなあ。比較してみよう。

Commented by パンタタ☮ at 2014-11-24 21:30 x
はしるさんへ

疲れて海を思うとき、こんな感じかな。

Commented by さと at 2015-01-16 19:42 x
海というよりも雲海ですね。
このボートの行先は?地球が丸くて向こうは滝のようになっていると思った昔の人。わかるような気がします。
身体が痛むのは辛いですね。
Commented by パンタタ☮ at 2015-01-18 23:42 x
さとさんへ

そうですね、雲海。
あの世では一度こんな雲の上を行ってみたいものです、笑。


by alglider | 2014-11-24 15:10 | 短歌 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧