「ほっ」と。キャンペーン

焼肉は悲しい色やね    一首

■■
■■
f0100480_2045697.jpg


21:16


西 日 入 る キ ッ チ ン ご ろ ん と わ た く し の 半 生 が う ち 捨 て ら れ て あ る



にしびいるきっちんごろんとわたくしのはんせいがうちすてられてある




 久しぶりに


 焼肉が食べたくなり「いつか食べに行こう」と口約束(LINE約束とでもいうのか)していたなっちゃんに連絡すると「行きましょう」ということで、話はとんとんと「明日行きましょう」と、これが金曜の話で、土曜の昼には焼肉を食べていた。


 詩人であるなっちゃんの仕事上の社長、歌人の田村君が車を出してくれ、大阪市の北区で待ち合わせたのに、住之江区まで車は走る。何でも、焼肉といえば田村君の頭の中では住之江区のその店らしい。名店というより安さと満足感である。三人で90分食べ放題を注文する。ファミレスなどに行くとサラダバーというのがあるが、ここはドリンクバー、サラダバーがあって、さらにアイスクリームバーなるものもある。そうアイスの種類が多いわけではないが、確かに焼肉の後のアイスクリームはさっぱりと口直しができて良い。


 私は朝ごはんを抜いていく、という力の入れようで、最初に大ライスを頼み、追加で並を注文。あー、満腹と腹をさすっていたら、田村君が「海を見に行きましょう」と言う。私の職場は海に近くって、言わば毎日海を見てる生活なのだけれど、大阪南港の魚つり園は堤防で囲まれていないので波が荒い。いい天気で魚を釣りに来てるのか、肌を焼きに来てるのか、寝ている人も何人かいる。すでに春の向こう側の風景。




f0100480_214136.jpg





 で、それから、第三突堤第七岸壁(上の写真:パノラマ機能で撮影)という、そのまま下の句に使いたい(使うと思う)ところまで移動。日本一標高の低い山、天保山の近くで海の上をゆく湾岸線の鉄路を望む。田村君曰く、ここは上田正樹の「悲しい色やね」の舞台になった突堤らしい。地理的には「にじむ街の灯」は天保山マーケットプレイス辺りのことかもしれない。私は「悲しい色やね」を聴いたとき、なぜ「大阪ベイブルース」という曲名にしなかったのだろう、と不満に思っていた。まあ、頭に「サンフランシスコ・ベイブルース」があったからなんだけど、今では「悲しい色やね」で正解だと思うようになった。聴いた人それぞれの「悲しい色」があるのだろう。ここに来たら半分が歌で、残りの半分が我が事になるのかもしれないなあ、なんて日照りの中で思った。やっぱり夕暮に来る場所ですな。しかし、焼肉でお腹が重い。まったくセンチメンタルじゃないが、それはそれで悲しくもある、笑。


 そのあと車で北新地まで送ってもらう。私はなじみの中古CD屋へ。FACESの「OOH LA LA」、ENYAの「アイルランドの風」、BRUFORDの「THE BRUFORD TAPES」を買う。ブラフォードのテープスは正価が高くって悩んでいたんだけど、安くで出ていました。腰を曲げて下の棚まで覗いて見るもんですなあ。




 そんなこんな。



f0100480_2142412.jpg


只今のながらCD

THE BRUFORD TAPES / BRUFORD
[PR]
Commented by はしる at 2015-04-27 02:31 x
素敵な休日でしたね。
写真もすてき。
Commented by パンタタ☮ at 2015-04-27 22:23 x
はしるさんへ

土・日曜と休みなのですが、このごろ、
メリハリがないというか二日が切れ目なしに続いてる感じ。
たぶん老化現象だと思います。マジで。
でも素敵な休日でした。
連休も天気が良さそうですね。

Commented by さと at 2015-05-03 18:29 x
上田正樹の歌。ハスキーな声が良かったです。
ただ、あの歌のメロディーは関東の人が付けたような気がします。
海はきれいですね。
焼肉といえば父が昔大阪鶴橋の焼き肉屋さんにわざわざ連れて行ってくれたことがあります。炭火焼きの焼肉は子供ながらもおいしいと思いました。
私もアイスクリーム好きです。
Commented by パンタタ☮ at 2015-05-03 21:38 x
さとさんへ

「悲しい色やね」は確か林哲司さん作曲ではなかったかしらん?
それなら確かに関西風ではないけれど、お決まりのブルース調で私は好きでした。
というか、ヒットしたんだからみなさん好きだったんですよね。
鶴橋か環状線のドアが開くと焼肉のにおいがしますもんね。
私も子供を連れて行ったなあ。
上着とか鞄はにおいが付かないようにゴミ袋が用意されてるの、笑。凄いね。

Commented by さと at 2015-05-04 15:50 x
多分、あの当時ですから関西風でない(言葉は最後が下がる)からヒットしたのでしょうね。
私も好きでした。
今は焼き肉屋さんもおしゃれで煙は吸い取られるようですね。
お好み焼きもそういえば天六の五味焼きというのがありました。商店街の端っこでテーブルをおじさんが回りながら焼きます。普通は自分で焼くパターンなので不思議でした。
おじさんのやり方があるのでしょうね「触らないで下さいね」と念押しされました。
なぜ五味焼きかと友人に聞いたら「牛肉、豚肉、いか、海老、??」私は普通に豚玉とかが好きです。
Commented by パンタタ☮ at 2015-05-04 18:09 x
さとさんへ

五味焼きの店で手を触れさせないおじさん、といえば天四にあった「菊水」のことですね。
懐かしいです。もうお店は閉まっちゃって、誰もあとを継がれなかったようですね。違う店になってます。残念です。
はい、豚玉が王道でしょう、笑。

Commented by てきーら at 2015-05-08 08:22 x
ブラッフォード・テープス、買っちゃったんですね。
ヘルス・ベルズ。
Commented by パンタタ☮ at 2015-05-08 21:00 x
てきーらさんへ

中古CD屋さんで安かったもので。
と言っても1200円ぐらいだったかも。
これもともと正規の値段が高いんですよ。
ま、探し当てたという感動はありました。
中身もいいしね。
よい買い物でした。まる。

by alglider | 2015-04-26 20:04 | 短歌 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧