皐月尽日   一首

■■
■■■
f0100480_20253777.jpg


22:22



日 記 に は い ま だ に 涸 れ ぬ み ず う み に さ ま よ う き み の 航 跡 の あ り



にっきにはいまだにかれぬみずうみにさまようきみのこうせきのあり



 土曜(5月30日)は


 病院の梯子でした。6月の1週目の土曜に逆流性食道炎の薬が切れるのだけれど、その土曜日は血液内科の診察で、痛みなどは全くないけれど、今のところこの多血症が一番厄介な病気なので診察を飛ばすわけにはいかない。で、一週間早く近所のかかりつけ医に行って逆流-用の薬を調達したような塩梅である。それから、術後の疼痛を抑えるために飲んでいるリリカがあまりにも眠いし、今のところ効き目も?(製薬会社の売込みというか宣伝がしらっとすごかったしね。武田鉄矢のあれです)のところがあって、ネットで通えそうなペインクリニックを探して行ってみた。


 餅は餅屋で、というのは変な言い回しなるのだが、ペインクリニックの先生は専門が麻酔である。整形外科医が出すメジャー?な痛み止めとは少し違う薬が処方されるのではないか? これが素人である私の期待である。リリカの副作用を伝えたせいか、まったく違う薬が三種類出され様子をみましょうということになった。薬と麻薬の中間、なんていう物騒な説明も強烈な鎮痛作用のあるモルヒネなどを考えると納得である。眠たくないかもしれないが、ふらつく可能性はあるとか。難儀やな。毎度、病気の話を書いているけれど、土・日に更新をするともっともホットな話題(笑)がどうしても病院関係になってしまう。


 それで、ちょっと違う話。今日(5月31日)は短歌友達のリスちゃんのお腹を愛でる会(今、勝手に付けました)に行ってきました。こちらも短友である旦那のきらく君ももちろん一緒である。8月に第一子誕生の予定で、結構何でも食べられる時期になっている、というのでバイキングを食べながら、ぼつぼつと赤ちゃんにまつわる話。服のせいか、お腹はあまり目立たなかった。臨月になるともうちょっと突き出た感じになると思う、などと一人前に言ったりしたけど、自分に子供ができたころのことは忘れていることも多い。いいところだけ思い出が再生産されてるのだろう。こちらも短友きく姐さんの提案で集まったのだが、女性はさすがにリアルに覚えておられる。


 名前を付けられるのは親の特権のようなものだから、今から楽しみに、ああでもない、こうでもない、と考えたらいい。難読キラキラネームに対抗する古臭い名前はシワシワネームとか言うらしい、ときらく君からの情報。拓ちゃんは「画数は考えた方がいいよ」って。どこの先生だ、笑。



 短歌ブログ「sutanka」(←クリック)三十首を更新しました。

 ■みずうみは水におぼれて ■懇願





 そんなこんな。



f0100480_221796.jpg


只今のながらCD

STARLESS STARLIGHT / DAVID CROSS & ROBERT FRIPP
[PR]
by alglider | 2015-05-31 20:25 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧