「ほっ」と。キャンペーン

颱風な一日    一首

■■
f0100480_15265889.jpg


18:09


こ れ か ら は 腹 話 術 の 時 代 が く る よ わ た し で な い 誰 か で も な い わ た し



これからはふくわじゅつのじだいがくるよわたしでないだれかでもないわたし




 17日の金曜日は


 散々だった。翌日の新聞でも50万人以上の数字(後で105万人に影響の発表があった)だったと思うが、とにかくJR西日本の在来線が乱れに乱れ、結果を書くと家に帰れたのは翌日の午前2時ごろだった。いっぱい思うところがあってブログにアップしようと決めていたのだけど、連休で体を休めていたら、その気力は失せてしまった。ということは半分は怒りの感情だったのだろう。アル中に怒りの感情は禁物なのだが、なかなか世の中がそうのんびり構えていることを許してくれない。記録のためのブログである。


 17日の朝、台風の接近はあったが運行情報は「平常通り」だったのである。それで平常通りに家を出て、遅れもせず律儀にやって来た午前8時49分発の区間快速に乗り込んだのだった。順調にきていたのだが、この学研都市線は東西線を経由し尼崎駅で京都線、神戸線、宝塚線に連絡している。ということはもっと遠い琵琶湖線や福知山線で遅れが出ても、影響を受けるのである。東西線の地下駅に入って急に電車は止まり、まったく動かなくなってしまった。安全のため徐行運転をすると各駅に電車が止まっている状態になり、逆ところてん式でないと電車は動かない。


 30分もしたら動くだろうと思っていたら、まったく駄目だった。乗換駅の尼崎に着いたのは1時間を過ぎていたかもしれない。そこから乗り継ぐ電車もなかなか来ない。ホームは人であふれるので三つほど先の駅で人身事故があったという。たぶん接触事故だろう。仕事の相方に電話を入れ、昼までには着く予定でいた。昼に着かないと仕事上大変困る。困るが目的駅の二つ手前で完全に動かなくなってしまった。加古川の水位が危険域に入ったという。散々迷ってタクシーで会社へ。こんな雨台風は久しぶりだ。


 仕事を終えて、帰りの最寄り駅に着くと災害は広がっていて、神戸駅以西は完全にストップ。西へ向かう人は山陽電鉄に振り替えか? 私の利用する大阪方面は各停だけが動いるという。「各停だけ?」と確かめて乗ったのだが、途中、大阪行が松井山手行に変わり、甲子園口と立花駅の間で止まって、その隣の線路を動かないと言っていた新快速が追い抜いていった。ああ、なんたるちあ。ここらへんで私は今日一日を諦めた。諦めたけど、さらなる諦めが必要だった。


 何とか北新地駅に着き、私は降りてヨドバシカメラ梅田の方へ歩いていった。安保法制反対の集会に出るつもりだったのだが、台風で中止になっていた。ま、考えてみれば中止が普通だ。しかし、ネットで「開催中」と流れていたのだ。あれはミス。ミスと言っても台風の中、来た人はいなかったようだけれどね。それから、帰りの電車にうまく乗り込み、これで今日の旅の終了のはずだった。乗るときに「各停に変更、もしくは行き先変更があるかもしれません」というアナウンスが流れていた。そうなの、この先は非常に雨に弱いのである。


 そして、みなさん仕方ないよな、と乗っていたのである。アナウンス通りに快速は各停に変更になり、先の区間は雨のため徐行運転しております、とまた説明があるけれど、乗ってる人はこのまま家に帰れる人ばかり。しかし、いきなり四条畷駅で運転見合わせとなり、私の駅まではあと二つというところであった。電車は満員、タクシーを待つ列がすぐ長蛇になることは誰にでも分かった。ゆっくり改札へ向かうと、すでに駅員が客にすごまれて暴言のサンドバッグ状態に。あれはいけない。すぐに警察官がやって来た。


 しかし、ホテルもネットカフェもない田舎町。ただひたすら数少ないタクシーを待つしかない。しかし、その待つ列が問題なのだった。改札を出て右に折れると右に降りる階段と左へ下りる階段がある。左へ下りた方がタクシー乗り場に近い。が、⊂。(⊂が列の形 。がタクシー乗り場のイチ)のように並んでいて⊂のターンするところに右の階段から降りてきた人が並び出した。それもちょうど建物のでっぱりがあって後ろに並んでいる人からは見えないのだ。_⊂。という形になって⊂の上半分の人は永久に前に進まない状態になってしまった。気付いたおばあさんが駅員に整理するように頼みに行ったらしいが、次々と後続電車が当駅止まりになるのでそれどころではないらしい。しかし、駅に取ってこれは初めての経験ではないだろうし、構造などを理解しているなら、タクシーの列整理はすでに業務として確立されていてもおかしくない。仕事として取り組むべきだった。それに振替輸送ならただだが、タクシー代はかなりな出費だろう。タクシーの回転がいつもより悪いのは、近場の利用ではなく、遠くまで乗らなければならなくなった人が多かったからだ。



 先頭の人が「○○方面の人いませんか?」と相乗りを始めたが焼け石に水。200人ぐらいの人が並んでいる。お咲きさんにメールを打つと「私も並んでる」と電話がかかってきた。ずっとずっと待って、暇でmixiに書き込んだり、ツイッターにつぶやいたりしていると、ツイッターのつぶやきを目にした田村君が車(サンダーバード何号だろう?)で救助に来てくれた。家にたどり着いたら、娘さんがいない。ああ、あの列の中にいたのだ!娘さんの帰りは午前3時を回っていたのでした。ちゃんちゃん。








 写真はタクシー乗り場からの風景。雨。そんなこんな。







f0100480_1756404.jpg

只今のながらCD

ABELARD AND HELOISE / THIRD EAR BAND

[PR]
Commented by at 2015-07-20 20:50 x
大変な一日、ご無事で何よりでした。

歌、いいです。あ、好きです。
きちんと批評できなくて、情けない。ごめんなさい。
Commented by kanrinin-yuko at 2015-07-20 22:12
りゅうさんとパンタタさん、お友だちだったのですか???
もうビックリ。
りゅうさんのFBにちらっとこの救出劇のことが書いてあって、
りゅうさんやさしいなぁ、と昨日もテツにこの話を聞かせていたところだったのですよ。
Commented by パンタタ☮ at 2015-07-20 22:21 x
文さんへ

三連休でちょうど疲れが取れる程度でした、笑。

この歌ね、破調も破調で、
もう短歌っていうか一行詩みたいなんだけど、
よう定形にまでいじれなくって、
そのままアップしました。
本人もよく分かっていない。時代は移っていますね。

Commented by パンタタ☮ at 2015-07-20 22:26 x
ユウコさんへ

りゅうさんって田村君のこと?
FBやってるん知らんかったわ。
私もやろうかなあ、一冊、説明書の本を買って。
難しそうだもんね。
ユウコさんと田村君は塔のつながりですね。
了解しました。
ああ、質問に答えてませんね、
mixiを通じてのもうずいぶん長いお付き合いです、りゅうさん。
かれは最近、mixiはやってませんね。


そうそう優しいのです。
私が財布をなくした時も車でやってきてくれて、
退院のときもだったなあ....
世話になりっぱなし。


Commented by kanrinin-yuko at 2015-07-21 06:23
田村さんとは毎月天王寺歌会で会います。
とっても優しい人です。
そうかぁ、パンタタさんのお友だちでしたか。
うれしなぁ、このつながり。
フェイスブックは簡単ですよ~。
Commented by さと at 2015-07-23 22:02 x
沢山の人の居る列、意外に娘さんもそこにおられたのですね。
わかっていればですね。
娘さんの帰宅に心配された時間、長かったですね。
昨今のこと日付変更線が変わると心配ですね。
Commented by alglider at 2015-07-26 14:20
さとさんへ

そうなんです、メールか何かやり取りをしていたらね。
まあ、普通、台風の日なんか
出かけない性格なんで、
考えても見なかったけれど。
18歳から10年間ほど関東に一人で暮らしていたから、
あんまり心配はしないんですけどね。

パンタタ☮
by alglider | 2015-07-20 15:26 | 短歌 | Comments(7)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧