「ほっ」と。キャンペーン

天神祭りの日、葉ね文庫へ   一首

■■
■■
f0100480_2033255.jpg


22:37


黙 祷 と プ ー ル の 匂 い 八 月 へ 電 車 は ゆ け り ま ぶ し き な か を



もくとうとぷーるのにおいはちがつへでんしゃはゆけりまぶしきなかを





 土曜日、


 ペインクリニックへ行って副作用の眠気対策を聞いて、それから、天神祭りでにぎわう大阪天満宮駅で地下鉄に乗り換え、久しぶりに中崎町に出かけた。中崎町はもうずいぶん前から若者たちが町家を改造して、カフェやバー、ギャラリーを開いている場所だ。そこに葉ね文庫(←クリック)という詩歌専門書店があると聞いていた。聞いていたけど、なかなか行けずにいて、先週なっちゃんを誘ったら「疲れている」というので、一人で行ってきたのである。なっちゃんの本も平積みされていた。


 少し道に迷った(中崎町は慣れないと結構同じような家並みが続くので迷う)けれど、何とか到着。靴を脱いで入るビルの一階にある(路面店ではない)店。蛇足だけど、私が一番初めに就職したのは卒業した大学の生協書籍部で、地べた続きの路面店だった。本と本の間に入り込む細かな砂をはたきで書きだすのが毎日の仕事だった。しかし、おかしなもので、それをやっていると本を覚えるのである。ま、いいや。閑話休題。


 で、店の中に入ると先客お一人と女性の店主がお一人。店内に自筆の短歌が貼ってあって法橋ひらく君や草さん、知っている人たちの歌が並んでいた。「作られていますか?」声を掛けられ、私も一首したためてきた。ああ、写真を撮ってきたら良かったなあ、今度、撮ってこよう。「月光の会」の話をすると、福島泰樹さんの絶叫CDが置いてあった。「封が切れないので店内に流せない」と言われるので、CD-Rを用意することを思いつく(きょう焼いた)。そうこうしていると…


 見かけた人が店に入って来た。先週、国際救助隊のように私を台風のタクシー待ちから救ってくれた田村君である。「あれー」というと「来週の予定じゃないの」と言うから「来週は来週で」と返事をする。田村君もあの達筆で一首したためて貼ったのである。二人ならんでいる、笑。田村君は佐藤弓生さんの新刊「モーヴ色のあめふる」を買い、私は中也の「在りし日の歌」の復刻本古書を買った。







 そんなこんな。






f0100480_22282113.jpg

只今のながらCD

FAT AGAIN / SIMON STEENSLAND
[PR]
Commented by at 2015-07-27 07:16 x
素敵なお店があるのですねぇ。人口が大きいと、そんな店ができるのだ。田舎では、県立図書館にすら、おいてありませんからして、まして書店をや^^
歌集はめったに読まなくなって、それでも最近三島麻亜子さん、時本和子さん、朝生風子さん、りりんさん、tamayaさん、ほかに数冊、頂戴した歌集を読み継いでいます。
パンタタ☮さん、歌集はまだお出しにならない?
Commented by alglider at 2015-07-27 21:41
文さんへ

春野りりんさん、tamayaさんの歌集は手に入れました。まだ読めていないですがね。なかなか薬の副作用で寝込むことが多く、読書ははかどりませぬ。
私の歌集は出るか出ないか、出すか出さないか、
今のところ考えていません。

パンタタ☮
by alglider | 2015-07-26 20:33 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧