ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

葉月朔日のこと   一首


f0100480_20191827.jpg


20:58


サ ン グ ラ ス 外 す こ と な き 八 月 の 焼 か れ し 眼 よ り 伸 び る 蔓 草



さんぐらすはずすことなきはちがつのやかれしめよりのびるつるくさ



サ ン グ ラ ス 外 す こ と な き 八 月 の 焼 か れ た 瞳 を 思 い お り た り



さんぐらすはずすことなきはちがつのやかれたひとみをおもいおりたり




 1日は

 淀川キリスト教病院の血液内科の診察を受ける日だった。いつも土曜日に予約を入れるのだが、私の場合、血液検査に1時間以上要するので、結構早い時間の指定になって、平常の仕事より早い電車に乗ることになる。休みに早起きっていうのはつらさ倍増(笑)である。診察の結果は白血球と赤血球、血小板はいまだに多いけれど、ヘモグロビンやヘマトクリット(血液中に占める血球の体積の割合を示す数値)はどれも下限値より下だったので、瀉血をせずに済んだ。先生に薬の副作用で髪が細くなりよく抜けます、と言えば、DNAに直接働きかける薬で、仕方ないかもね、という返事で、まあ、仕方ないのである。


 昼までには診察は終わり、猛暑日の昼の最中、処方薬局へ歩いたのだが、これがもう地獄のような暑さであった。日ごろ、ニュースで見たり聞いたりするのは暑さの始まる前か治まってからの朝か夕方である。昼は暑いといっても空調の効いた屋内にいるわけで、実感はあまりなかったのである。薬局までそんなに遠くないのだが、辛かった。高校生や大学生の時に部活の強行軍で炎天下を延々と歩いたことがあるが、陽射しも違うし照り返しも当時と比べものにならないぐらい強い。太陽は真上にあるのに暑さというか熱気、熱風、は足元から来る。サウナの中を朦朧と歩いてるような感覚で、吹く風まで熱風で恨めしい。コンクリート、アスファルト駄目。あるていど土に戻さないと狂ってしまうぞ。







 真性多血症は水分を採らなきゃ駄目なんだけど、採っても採っても出ていきますな。そんなこんな。







f0100480_20463142.jpg

只今のながらCD

LIVE AT BLUES ALLEY / EVA CASSIDY
[PR]
by alglider | 2015-08-02 20:19 | 短歌 | Comments(0)