ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

秋分   一首

■■
■■
f0100480_12265516.jpg


14:37


御 堂 筋 わ れ ら が 夜 の 反 戦 歌 ス ワ ロ フ ス キ ー の 沈 黙 を 過 ぐ



みどうすじわれらがよるのはんせんかすわろふすきーのちんもくをすぐ




 月光の


 合宿へ出る前日は高熱で大変だったが、21日にあった出身高校の還暦同窓会も前々日から鼻風邪を引いてしまい、その上、口内炎ができ、20日は絶対安静と言い聞かせずっと寝ていた。するとトイレに行くにも足腰に力が入らない。還暦同窓会を前に耳順の体力のなさを知ったいち日。ま、何とかかんとか行ってはきたけれど、心は急に秋だ。


 今年は還暦とあって、まだ肌寒い春にも中学の同窓会があった。中学生と高校を比べると、中学は学区が小学校から上がっているだけに、とにかく、思い出話は子供のころにまで及ぶ。誰々ちゃんは小学2年生の時、授業中におしっこを漏らしたとか、とっくに本人たちが忘れている話がぼんぼん出てきて、困惑気味の人も多々、笑。同窓の100人がよれば、人の印象に残って生きているまた別の私が、ま、大袈裟に言えば100通りいるのだ。かけっこの遅い私であったり、お絵かき上手の私であったり、嘘つき少年の私で会ったり、泣き虫で会ったり、臆病であったり、病気がちであったり、しかしそれはすべて人生の何らかのきっかけになる可能性としてあったもので「そんなことで泣いたなあ、そこをもっと伸ばせばよかった」なんて思ったりすることがあった早春の宴だった。


 しかし、高校時代になると、卒業してからの生き方、と言えば大層だが「何やってきたの?」的な卒業から還暦までの、ま、人生の話題が多くなる。それはそうだな。ま、私は病気持ちだけに話題には事欠かない。市会議員から税理士、社労士などなどの資格独立タイプ、防衛省から教師までの公務員(かなり仲の良かったO君などは母校の教頭になって定年を迎えていた)会社社長の起業家、大中小それぞれ会社勤めのサラリーマン、専業主婦、平べったく言えば鬼籍に入った者を除いてみんな何某かなのである。男の多くが定年を迎え再就職しました、という一定の感慨を持って語るのだが、アルコール依存で30代40代をぶっ飛ばしてしまった私にはその感慨がない。


f0100480_1404232.jpg



 そんなことにはとっくに気づき慣れていていいはずなのだが、私はとにかく能天気だから、多くの同窓が感じている感慨を持たない人生であったなあ、と思い知らされた一日でもあった。定年のない資格人生や商売や起業家とも違うしね。ま、それはそれでいいとし、小・中・高と一緒だったW君が近寄ってきて「先日、靭公園の“戦争法案”反対集会に行ってたでしょ」と言う。「あれ、居てたの?」と尋ね返すと、居たのだけれど人ごみに紛れてしまって声が掛けられなかったそうだ。それは残念。そういった偶然は心強いものなのに。


 同窓会の参加者、不参加者のコメントをまとめた冊子を読みながら、天眼鏡で卒業アルバムを見つめるけれど、知らない人が多いことに驚く。全体数の何分の一で私の高校生活は回っていたのだろう。大体、卒業アルバムも各クラスの実行委員でそれぞれ勝手にデザインし作ったものだから、名前を記載していないクラスもあったり(誰が誰だか分からない)、笑福亭仁鶴の写真が紛れ込んでいたり、ビールで乾杯していたり、演劇部などは卒業写真に写っているのは全員2年生であったり、統一性がまったくない、かなりシュールな(笑)作りで、シュールと言えばマグリットの挿絵がかなり使われていたりする。兄が私の卒業アルバムを見て「めちゃくちゃやな」と面白がっていたものだ。


 ま、そんなこんなで、思い出や来し方に思いを寄せていると、秋という季節も相まって何とも遣る瀬無い、アンニュイな気持ちで連休が過ぎていっている。


f0100480_141363.jpg




 モノクロ写真は近所の府立公園。入り口にはコキア(ほうき草)に目玉が貼り付けられていた。秋分。そんなこんな。






f0100480_14202564.jpg

只今のながらCD

戦争は終わった / 夏木マリ
[PR]
Commented by alglider at 2015-09-24 08:21

初句切れ、三句切れ、ぶつぶつ切れている調べを直さなくちゃ。

パンタタ✌︎


Commented by uerueiji at 2015-09-28 10:40
私は小学校から中学校に上がるときに引っ越ししたから小学校の友人と会うことはないです。
高校の同窓会に40年振りに行ったけれど仲の良かった友人と二次会に行った程度で感慨はなく、結局それ以降は行かずです。
もちろん、大阪まで遠いからということですが、自分の趣味では帰阪しています。
Commented by alglider at 2015-09-28 23:33
どなたのコメントかな、と思ったら、
さとさんじゃないですか。ブログやってはるんですね。
そうかあ、引っ越してしまうとだめですね。
私の場合、高校時代の友達は結構近いので
よく会っています。
今回は音信不通だった奴もひょっこり顔を見せてくれたりしてね。
確かめたいこともあったし、
何だか感慨深かったです。

パンタタ☮

by alglider | 2015-09-23 12:26 | 短歌 | Comments(3)