「ほっ」と。キャンペーン

風呂の蓋と引っ越しと紅葉   一首



f0100480_19124886.jpg


20:37



目 を 閉 ず る 明 き 陽 の 中 た れ し も が わ が 身 に 迷 う 冬 の 踊 り 場



めをとずるあかきひのなかたれしもがわがみにまようふゆのおどりば




 生協の


 宅配を利用しているのだけれど、先日、お風呂の蓋(蛇腹式?のやつ)を頼んだら、何か所か割れていて、お咲きさんが「これあかんわ」と言う。交換を頼もうとすると、お咲きさんは蛇腹式?ではなく二つ折りにできる板の蓋がほしいとか。確かに入浴しながら読書をする習慣のあるお咲きさんにはその方がいいかもしれない。それで板状の蓋を探すと、これが値が張るのだ。蛇腹式?なら2000~3000円であるのに板は7000~8000円もする。板の方が作るのは簡単な気がするのだが、防カビとか抗菌とかいろいろ付加価値が付けやすいからだろうか? ここまで高いと要相談で、今は、カビで汚れた古いピンクの蛇腹で辛抱してもらっている。辛抱って言葉が当たっているかどうかは分からんけれど。


 11日の昼に娘さんのお婿さんが車でやってきて簡単な荷物を運び出し、向こうの家で暮らし始めるらしい。懸案だったキッチンもイナックスに決めたそうで、ほとんどの物は置いていき、仕事用の書籍類とパソコンと椅子だけを持って行くんじゃないかな、と私は予想している。プチ引っ越し、というか、だらだら引っ越しである。11日は私もお咲きさんも仕事なので、ちょっとはお婿さんが驚かないようにリビングなどを片付ける予定だったのだけれど、お咲きさんが風邪でダウン。ぼちぼちそこそこの片付けになりそうな塩梅だ。


 今、ことし一年間で詠った短歌を三十首自選しているのだけれど、これが結構難しい。何となく連作にみえるようにしたいのだが、一年間だとあれを選べばこちらの季節がおかしい、という具合になってしまう。何か見せ方に工夫もいるし、自分の歌といえど選ぶ基準などを設けないと選歌が進みません。それと冊子関係から依頼されている歌も何首かあって、先日は自分でも驚くぐらい調子よく「いい歌だなあ」と思えるのができたのだが、どこかで何かを掴み損ねて、長くは続かず、笑。でも、いいのができそうです。



f0100480_20214337.jpg



 以前書いたことがあるけれど、紅葉はカエデやツタではなくて桜が一番好きだ。朝、工事中の公園のガードマンさんが桜の紅葉を竹箒で掃いている。掃いても掃いても次から次へと降ってくる、朝の儀式。「おはようございます」と声を掛け合う。




 そんなこんな。



f0100480_2022453.jpg

只今のながらCD

カバー・アルバム第一集 / 山本精一
[PR]
Commented by at 2015-11-08 21:55 x
桜の紅葉、わたしも大好きなのですが、年によって紅葉の前に散ってしまったり、なんてことがある。今年はとてもきれいに紅葉して、嬉しい秋です。

自選、良い連作になりそうですね。

娘さん、仕合わせそう^^
Commented by alglider at 2015-11-08 22:38
文さんへ

紅葉は桜がきれいですよね。
はらはらと落ちるので、ああ見事だなあ、という感慨とは少し違いますね。
何というかクリムゾンとでも言おうか、
深い紅がいいんです。
自選はなかなか今月中に仕上げなければなりませぬ。
娘さん、子より親が大事、で
私は私のことに精進しませう。

パンタタ☮

by alglider | 2015-11-08 19:12 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧