「ほっ」と。キャンペーン

霜月も終わりますねえ  一首

■■
■■■
f0100480_0173038.jpg


22:57



手 を 紙 で 切 り た る 夜 の か た む き て あ あ や っ ぱ り と 冬 に 入 り ぬ



てをかみできりたるよるのかたむきてああやっぱりとふゆにはいりぬ



 もう11月霜月も


 終わって師走に入るんですねえ。毎年、早い早いと言っているけれど、今年は何だかいつもに増して早い気がする。私は六十の還暦を迎え、娘さんは嫁ぎ、お咲きさんのお母さんが八十八歳で逝き、これで私の両親、お咲きさんの両親の四人がこの世を退場されて、新しい“あの世”へと引っ越しされた。今年の日本は安保法案が成立し社会は大きく国家主義へ舵を切ろうとしている。制度としての主権は“在民”から“在国”に変わりつつあるのをひしひしと感じる。国のために子を増やせ、出生前診断で障害児を減らせないか、子供は飼いならせ、失言と訂正お詫びを繰り返し、やがて失言は失言でなくなり主張となる時代がやってきそうだ。


               



 そんなことを思っている「暗い日曜日」だ。ダミアではなくて人間椅子で。そうそう、職場のアルバイトの女性が人間椅子のTシャツを着ていて「お、人間椅子やんか」と言うと、えらい喜ばれた。これ見てください、と呼ばれパソコンを見るとメンバーと一緒に写っている彼女の写真がデスクトップにあった。珍しい。そしてもう一人の女性が「よかったですね」と声を掛けていた。たぶん、周りに自慢したのだけれど誰も知らなかったのだろう。彼女の喜びが理解できた。


f0100480_22465053.jpg



 mixiにたこ焼きの画像をアップしたら、コメントをたくさんもらった。おいしそうだったらしい。大阪の人は反応しなかったけれどね。金沢のizumiちゃんは晩御飯をたこ焼きにしてしまった、笑。





 そんなこんな。



f0100480_22472184.jpg

只今のながらCD

FOLLOW THE WHITE RABBIT / YARON HERMAN TRIO
[PR]
by alglider | 2015-11-29 00:17 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧