「ほっ」と。キャンペーン

正月三日



f0100480_190886.jpg






焼 き つ け る 何 も の も な く 思 い 出 を め く っ て い く の は 浚 い の 風 か



やきつけるなにものもなくおもいでをめくっていくのはさらいのかぜか





 こんなに


 暖かい歳の暮れ、新春の記憶はついぞない。三日の今日、隣り町の四條畷神社へ初詣に行ってきた。去年の破魔矢を左義長で焼いてもらうのに持って行こうとしたら「今年はそのお陰か、骨折しなかった」とお咲きさんが言った。ああ、そんなことを思っていたのだ、と少し驚いた。初詣は私の趣味というか、気まぐれで行っているものだから、それほどありがたく思っているわけでもないのだった。


 神さんには申し訳ないが、歳時記の中にいる自分を楽しんでいるのである。私には「○○をしている自分を楽しむ」「○○に身を置いてみる自分が面白い」と本線から離れた趣味があって、その時は自分を他人のように感じている自分を楽しんでいる。役者のようなのだ。閑話休題。だらりと上り坂が続いて少しばかり石段を登る。途中で運動不足の脚がだるくなって休憩。心房細動のあるお咲きさんには無理は階段である。一息ついて上り切ると、狭いながらも歴史的には建武中興十五社の一つだということだ。四條畷の戦いを戦った楠木正行を主祭神としているから選ばれたんだろうな。毎年、三日に詣でるが、混みもせず殺風景でもなくちょうどいい感じの人出だ。



f0100480_19355590.jpg




 明日から仕事だけど、お咲きさんは休み。前々から知っていたことだけど、三日になると羨ましい、笑。子供のような感覚だけど、今年の暖かい正月は本当にのんびりできて、この平安を壊したくないなあ、と思ってしまう。毎日、洗濯をして夕暮前に取り込み、ストーブの前で乾いたものを畳む。すると一日がもこもこと気持ちよく終わってゆく。天気というのはありがたいものだ。




f0100480_1936183.jpg




 おみくじを引くと大吉だった。朝刊に「凶」はなく「大大吉」も、と記事にあったので、ありがたみが減った気がするが、「凶」がないのは、それはそれでいいんじゃないの、と思う。「大大吉」などは際限がなくなるからやめた方がいい。「ウルトラマックス大吉」とか「大吉スーペリア」とか嬉しくはない。







 そんなこんな。



f0100480_19363623.jpg

只今のながらCD

I JUST LOVE THE PIANO / JANIS CRUNCH
[PR]
Commented by ひたしんちゃん at 2016-01-08 19:57 x
 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 本日(1月8日)を無事終えれば、丸7年断酒できたことになります。明日からは断酒8年目に突入です。
 泥酔の果てに転倒して頭部を強打し硬膜外血腫と診断されたのが、7年前でした。その晩は血だらけになって帰宅し、当時小学生の娘たちが泣き出したのを朦朧たる意識の中で記憶しています。翌日、頭重感が抜けず、医者に行って上記の診断を受けた次第です。これが、いわゆる「底つき」で、断酒を決心した日です。
 全くの個人商店なので入院する訳には行かず、外来に通って薬を貰いながら、ただ1・2度参加した自助グループ幾つかには肌に合わなくて続けられず、ネットサーフィンで同好の士のサイトを探し色々閲覧しながら今に至っています。
 その過程で、このパンタタさんのブログに出会い数年はROMを続けていましたが(私が閲覧し始めた当初は殆ど毎日更新されていたと記憶しています)、ご承知の通り昨年から時折コメントを差し上げております。短歌を鑑賞できる力は持ち合わせておりませんが、短歌に続く本文も、必ず頂けるレスポンスも、心が和みます。ご迷惑でなければ、このスタンスでの関わりを続けさせて頂きたいと思います。
 今年も宜しくお願い致します。
Commented by alglider at 2016-01-09 00:23
ひたしんちゃんさんへ

明けましておめでとうございます。やりましたね、断酒8年目突入。

昨日、お酒を1年間何とかやめてる息子さんの悩みを、そのお母さんから電話で受けた(仕事上の話)のですが、わが身のことを包み隠さず言えれば良かったのですが、そうも言えない環境もあり、できるだけ自助会のことなどを話しました。1年でも、というか最初は大変ですよね。
で、あれですね転倒の末、頭部硬膜外血腫でよう助かりましたね。そこはそれですね、その位置からやり直しなさい、ということだったのかもしれませんね。私の「底つき」は友達が私の将来を心配してくれて紹介してくれたバイト先でビールをずっと飲んでて首になったことでした。「こら、このさき人に迷惑かける人生しか待ってない」と思って、即、自分で入院を決めました。
自助会、私はAAはちょっと肌に合わず。断酒会も合わなかったのですが、4年ほど通いました。特に1年目は必死で1日に2か所3か所と回りました。4年目あたりで所属する会の会長を勧められ、これは出来ない、と逃げ出して現在があります。先生や自助会当事者たちは参加を勧め、それ以外の道はないように言いますが、そうでもありませんね。ただ医者は安全策を言い、自力でやめてる人の統計がないのでしょう。
このブログもお酒断ちに役立てば、と思い初めは毎日更新していました。6年間ほど一日も欠かさなかったと思います(ここらあたりの完璧主義はアル中ならではのものですね)。4年前に胸椎の手術をしてから体力、気力的に無理を感じ、ほぼ週一ペースです。
ほかに意見を書き込めるネット断酒がありましたが、それも気が滅入ることも多く、まあ、のんびりと自慰的といえどマイペースで進めているのが無理なく断酒にも役立ってる気がします。

今年もよろしくお願いしますね。

パンタタ☮
Commented by uerueiji at 2016-01-09 10:25
このブログの形態が少し変わったようです。ここで書き込み良いのかどうかわかりませんが、とりあえずおめでとうございます。
楠正成の千早赤阪城が金剛山の千早村にあります。
ここの小学校の講堂?が明治村に移築されています。多聞天と幼少時よばれたとかで多聞小学校がりあます。
私は良く金剛山に登りました。偶然、私の姉の旦那さんが此処の出身です。父は聖徳太子縁の寺や楠正成のことなど調べるのが好きな人でした。本など処分してしまいましたが懐かしく思いました。
♪青葉茂れる桜井の・・・♪の歌は私も口ずさんだことの記憶があります。

短歌には疎い私ですが受賞おめでとうございます。

一年つつがなく健康に感謝できるお咲さん偉いですね。
皆はこれから先の御利益などだけ祈願する新年になりがちです。
Commented by alglider at 2016-01-11 14:38
さとさんへ

返信遅くなりました。千早赤阪村は仕事仲間のカメラマンが子供(小学生)のために田舎留学をされていた時期があり、訪ねたことがあります。
春先でタケノコを引っこ抜いてもらった気がします。歳をとってあまり覚えていない、笑。
大阪府で唯一の村ですよね、多分。

また今年一年無事に安全運転でまいりましょう。
車は運転しませんが。

パンタタ☮

by alglider | 2016-01-03 19:00 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧