ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

過ごしている私

f0100480_9414551.jpg

 バイト先からの寄り道に小さな古びた河川公園があって、そこで錆びに錆びて錆び付いたオブジェを見つけた。キューブ状の物体から一部分が飛びだしたようなもの、月が地球から飛び出そうとしているところ、また逆に何ものかが入り込もうとしているところ、題はなかった、が、見る角度のよって突き上げた拳のようにも見え、トム・ロビンソンバンドのレコードジャケットを思い出し、そしてジョンの Power to the People の言葉を思い出した。多分、市街地整備なんとかで、この公園ができ、そのときに設置されたものだろう。うらぶれた公園には、数匹ののら猫と毎日花壇に水を遣る腰の曲がったおばあさん一人が見かけられるばかりで、頭上に阪神高速が走っているものの深閑として、時間が止まっている感じだ。止まった時間は、初めから止まっていたのではなくて、動いていた時間が静止しつつあって、今ここに記憶のような公園を造り出している。オブジェはその証人で、止まりつつある時間に抗って変化し、更に錆びつつある。

 で、最近の時間の過ごし方、というか感じ方、というか接し方.....が変わってきた、というか変化がないというか.....の、ことである。何をしていても、等価なのである。結構感情もフラットなのである。真っ当(?)な仕事をしておらんから、責任が生じていないから、というのが理由の一つとしてあるのは分かっているのだが、勤労断酒者には申し訳ないような気もするのだが、ある程度交換可能な時間を過ごしているのである。身体的な理由もある。睡眠障害だから、ちょこちょこっとあちらこちら遍在する時間で眠る。だから、今ここで寝ておかなければという拘束が社会的にだけでなく身体的にもないのである。

 その感覚は徹夜バイトを始めてから著しい。三日徹夜バイトで三日休み、で、これが続くかというとさにあらず、ビル・ブラッフォードのような変則ビートのシフトだから、2.1.3.3.2.1などの緩急、労休がくり返される。睡眠もまた障害のおかげでそんなペースだ。体が毎日にというか時間に慣れない。切れ目がない、その減り張りの感覚がなくなってしまった。バイトをしている私、休憩時間の私、食事を拵える私、食べる私、更新する私、散歩する私、断酒会に参加する私、している私、眠る私、ブルースを聞く私........心の中ではあまり変わりがない。なにをしている私も時間を過ごしている私、であって変わりがない。いかに時間を過ごすかではなくて、特定の時間に価値を見い出すことのできない交換可能な感覚なのだ。その分、心がざわつかない不思議な安寧な時間でもある。

 例えば、バイトをしていて、休憩に入る、しかし変化が感じられない、手紙の査数を数えていても休憩しても、同じ時間を過ごしている私でしかない、っていう感じ。だから休憩なしでも、労働は時間を過ごしている単なる私、っていう感じで通しで働いてしまえそうだ。物事、事象などについて、例えばホモであろうがヘテロであろうが価値的には等価だと学生のころから思っていたけれど、時間までが等価に感じられるようになるとは想像していなかった。放送終了後のホワイトノイズのような時間の流れの中で、すごく平穏に交換可能な何かをして時間を過ごしている、そんな感覚の毎日だ。好い徴候なのか悪い徴候なのか分からぬが、それも等価だ.......ちょっと、やばいかなぁ.......とも思う........お迎え近いのかも......

今日のながらCD
The Best of JAPAN/JAPAN

今日の一文

そんなに速く走ると
今に君自身をさえ
追いぬいてしまう

みたことじゃない

君が広いグラウンドを
君自身をさがして今度は
走りだす

それにしてもこの青い
空は
どうしていつもひきつづいての
空なんだろう

いつまでも死ぬことのない空の下で
君はうまく君を見つけだし
入りこめたか

はげしい息づかいの中でも
ぼくはつねに
考えている
この世界がなかった場合の
ぼくのことを

するとこの世界が
なかった場合の
ぼくが
考えから
はずみをつけて
走りだす

悲しく脇腹をすって
ぼくをぬいて行く
遠いコースのむこうにも
空                               競争 松下育男


       天武人さん交野断酒会にまたおいでーよー。まってるよー
[PR]
Commented by office-nekonote at 2006-06-13 12:33
松尾スズキの日記に
http://matsuo-chan.at.webry.info/
2006/06/04
「昨日は、かすうどんというのを食べた。甘い。
大阪のうどんは甘いからオヤツ感覚で食えるんだなあ。」
とあります。
かすうどんってなんですか?
気になって気になって・・・大阪の人、教えてつか~さい。
<(_"_)>ペコッ
Commented by machi at 2006-06-13 15:00 x
たぶん・・。ですが、すうどんに天カスがのっているうどん。
すうどん・・とはうどん玉に出し汁がかけてあってネギが載っているくらいのシンプルなうどんのこと。
大阪在住50数年・・の答えです。
Commented by 貉パンタタヌキチ at 2006-06-13 16:08 x

かすうどん、ってあまり聞かへんなぁー。多分、machiさんのおっしゃる通り、素(す)うどんに天かすを入れたものなんでしょう。大阪在住50年弱ですが言わないなぁー、かすうどんって。関東の方では天かすを入れてハイカラなどと称し、値が上がると聞いたこともありますが、大阪では基本天かす入れ放題です。だから天かすを入れただけで名称が変わると思えないのですが、どこか一エリアの呼称かも知れませぬ......粕汁うどんの可能性もありますが....かすうどんとは略しませんが、粕汁うどんは存在します。でも、日記に出てくるような、ポピュラーなものではありませぬ。あくまでも際物でござんすよ.....
Commented by アルラ at 2006-06-13 16:16 x
ホルモンの油を抜いたパリパリの油粕を入れたうどんらしい・・・
美味そうで食べたいですなぁ・・・知りませんでした!
ビリケンさんとこ、”日誌”だべさ!訂正してけんろ!
明日は、最終日ですなぁ♪気合入れていくべ!
Commented by 貉パンタタヌキチ at 2006-06-13 17:37 x
そう言えば、そんなんあると聞いたこと、TVで見たこともあるような気がします。ホルモンうどんとはまた違うんでしょうね。
Commented by machi at 2006-06-13 23:17 x
ホルモンの油を抜いたパリパリの油粕を私は1回だけお好み焼きに入っていた記憶があります。
味は覚えていないが、食べられるのかなぁと気持ち悪かった記憶の方が強い
これって甘いのかなぁ?
Commented by at 2006-06-14 02:21 x
 『かすうどん』。
とてもとても、美味。
ホルモンの何処かの部位を脂分を、煮詰め成形したものと
聞いております。
近所に『羽曳野 元祖かすうどうん』のお店があります。
Commented by 貉パンタタヌキチ at 2006-06-14 09:57 x
鵜楽さんっ! ということは分かっていますね(^^)v 昔取った杵柄、ワニを食った女傑、飛び込み取材ヨロヨロピクピク<(_ _)>
Commented by office-nekonote at 2006-06-14 12:31
なかなかヘビーそうですねえ・・・どこがおやつ感覚じゃ!
私は今はおぼろ昆布でさっぱりおうどんをいただきたいです。
(;´д`)トホホ
Commented by machi at 2006-06-14 22:44 x
今日は最終日。4枚目ゲット(^^)!
京橋の駅でさっぱり昆布うどん食べてきました。
by alglider | 2006-06-13 19:31 | 回復過程 | Comments(10)