葉ね文庫さんに置いてきました   一首



f0100480_18261412.jpg


20:37



真 冬 日 に 冷 え る イ ヤ ホ ン 言 い 訳 を す る こ と も な く ホ ー ム に て 待 つ



まふゆびにひえるいやほんいいわけをすることもなくほーむにてまつ




 5日


 土曜日に葉ね文庫(←クリック)さんに行って、私が所属する短歌結社「月光の会」の歌集と歌誌を置いてきた。葉ね文庫さんは、詩歌をする人たちの間ではかなり知れ渡ったようで、有名な歌人さんも訪れて、一首献上して帰っているのが面白い。有名歌人の歌も始めたばかりの人の歌も同じ縦書き三十一文字、一行の原稿用紙に書かれて隣同士に並ぶ。先日は帰る間際にいろいろと質問した男性が私も歌集を出してまして、と差し出された本を見たら、江畑実さんだったとか。そんなん、びびるよなあ。最初に言ってください、という感じ。ま、何より店主の池上きくこさんのお人柄によるところが大きい素敵な本屋さんである。

 大和志保「アンスクリプシオン」2000円、高坂明良「風の挽歌」2000円、野口綾子「ジャパニーズ ガールズ ジャーナル」2000円と歌誌月光44号、45号各1000円。




f0100480_20263328.jpg




 今日の一番の大事は午後1時からのVリーグ・ファイナル3、東レアローズを応援することだったのだが、フルセットの末に負けてしまい残念。レギューラーシーズンを通しても1勝3敗と分の悪い久光相手だったからなあ。4セットの途中で木村沙織さんが脚を傷めてリタイア。彼女がフルで出場していたら今日の試合はどうなっていたか分からない。しかし、脚がつったようなことを言っていたけれど早く治ればいいが。オリンピック最終予選が待っている。木村沙織のいない全日本は考えられない。



f0100480_2027424.jpg




 お咲さんは昔、花に凝っていろんな花を買ってきては世話をしていたが、私がお酒ばかり飲んでいて何の興味も示さないからか、それとも飽きたからか、いっとき花を家に飾らなくなっていた。ところが最近は次から次へと花が増えていき、トップの写真ともどもちょっとした眺めになっている。


 




 そんなこんな。



f0100480_20271987.jpg

只今のながらCD

ATOMIC ROOSTER / ATOMIC ROOSTER
[PR]
Commented by ひたしんちゃん at 2016-03-10 14:34 x
 月光No.45、アマゾンから落手いたしました。
 あらためて受賞おめでとうございます。
 受賞対象となった短歌、受賞の言葉、講評を拝読いたしましたが、やはり残念ながら私には短歌を鑑賞できる感性・知性は欠けており、正直なところ私の理解のよく届くところではありませんでした。ですから、素人の的外れな感想は控えましょう。
 ただ、受賞の言葉だけは、アルコール依存症者の回復体験記としても読むことができ、根っからの散文人間ではあっても、相憐れむ同病の私にも多少は理解できた気がします。
 「祝杯」とか「勝利の美酒」とか喜びを自分の中で何倍にも増幅させるだけでなく喜びを人々と分かち合うことができる強力で簡便なツールを手放さざるを得ず、別の物で補おうとしても、依存症になるまで心身にしみついたツール(それは既にツール以上のものに化していて)に代わる物がそうそう世の中にある訳ではなく、「嬉しいことさえ避ける、これが回復のプログラムであ」り「多くの欲望を諦める」というところに行きついてしまいます。私もほぼ同じ道程でしたし、多くの同病者がそうだと思います。
 ただ、パンタタさんが羨ましいのはその「“諦めていることを認めて欲しい”という欲望」を満たす道を見つけられて、この度その道に一里塚を築かれた、ということです。
 歌人となって後を追うことはもちろん出来ませんが、断酒の後輩としては見習って後を追おうと思います。
 益々のご精進を期待致します。
P.S.受賞の言葉に添付されたお写真で初めてご尊顔を拝しました。お写真では判別しにくいのですが、なんとなく髭を蓄えておられる様にもお見受けします。私が試しに髭を生やしたときは娘たちに散々の不評で、娘に弱い俗人の父親としては1年もちませんでした。
Commented by alglider at 2016-03-13 20:00
ひたしんちゃんさんへ

わざわざ買ってくださってありがとうございます。
受賞の言葉はええかっこしてもはじまらないしなあ、思って、正直なところを書きました。「協力で簡便なツール」とは的を射た表現ですね。お酒をやめている人、それぞれに物語があるでしょう。それが私の場合、表現に関するものであったわけで、沈黙より強烈な物語性があるとは思えません。

髭は子供が生まれたときからなので、不評もへったくれもなし、笑。ただあの写真は粗いので、口の周りにはやしているのですが、ヒトラーのちょび髭のようになってしまいました。ちょっと心外、笑。

パンタタ☮
by alglider | 2016-03-06 18:26 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧