ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

いよいよ春ですか   一首再掲

■■
■■
f0100480_1914129.jpg


20:32



肌 さ む き 朝 と な り た る 尽 日 の い か に 生 き し や 弥 生 三 月



はださむきあさとなりたるじんじつのいかにいきしややよいさんがつ




 4年前の


 入院、退院以降はほぼ日曜ごとのブログ更新にしているから、3月の書き込みはたぶんこれでおしまい。まったくもって早い。上の短歌は、その4年前淀川キリスト教病院に入院していた3月のお終いの日に詠んだ歌である。3月中には退院できるはずだったのだが、感染症などを併発してなかなか許可が下りなかった。その年は桜の便りが遅くって、退院してから何とか近くの公園で見ることができた。そうそう退院を車で迎えに来てくれた田村君となっちゃんとで行ったのだった。



f0100480_2011385.jpg




 今年の桜は早くって、ちらほらと二分、三分咲き。駅へ抜ける公園の遊歩道は毎年桜のトンネルになるのだが、電線に触れるためか枝が切り落とされ、木も丸々1本根元から切り倒されてしまった。冬などは明るくていいのだが、春の日差しが戻るとやはり寂しくて、ま、勝手な私である。



f0100480_2042963.jpg




 その4年前に退院を助けてくれた田村君は個展を開くほどの絵の描く腕前の待ち主で、黒田和美賞受賞のお祝いに一枚絵を描いてくれた。それが上の絵で、田村君となっちゃんと3人で和歌山の生石高原に芒を見に行った時の写真を元にしてある。ぱっと見せてもらったとき思わず「わーっ!」と声をあげたほど、私にそっくりである。猫背気味で杖にもたれかかる重心の取り方もそのまま描かれている。大したもんだなあ。私も芸大を目指したことがあって、少しは絵に自信はあるのだけれど、こうはいかない。やっぱりこの才能を仕事に生かしている人は、持久力というか地金の鍛え方が違う。



f0100480_20115256.jpg




 で、21日に祝賀会を開いてもらって、いろんなプレゼントもらった。帽子、万年筆、ちょっと変わった(欲しかった)鉛筆削り、胡麻豆腐、CD、ハンカチなどなど。で、上の双眼鏡はプレゼンターのきくさん自身が「うふふ」と含み笑いするほどナイスと思ったプレゼントらしく、バードウオッチングやバレーボール観戦にどうぞ、というわけである。双眼鏡は欲しかったので、うはうはなのであるが、こんなん貰ってていいのだろうか?とクエスチョンマークは必要なところではある。東レアローズ推しの私であるが、来年、木村沙織選手をこの双眼鏡でみることはできるであろうか。引退かもしれぬ。バードウオッチングといえば、裏山の竹林に山鳩やヒヨドリが歩いていることが良くあるが、鳥は恐竜の子孫であるという説が流布されるようになってから、山鳩はステゴザウルス、ヒヨドリはラプトルに見えて仕方がない。昔々は爬虫類、鰐や大蜥蜴が子孫とされていたのだから、その差はかなり大きい。最近のCGでの恐竜の歩き方や走り方は飛び立つ鳥の助走のようである。このぐらい説が変わるのなら、人が恐竜の子孫である可能性だってあるのではないか、ガオ!



f0100480_20225437.jpg




 きくさんから花束を貰った。まだ生きている。そんなこんな。



f0100480_2057418.jpg

只今のながらCD

SILENTIO / WILLIAM GRAY
WILLIAM GRAY←試聴できます、クリック。
[PR]
by alglider | 2016-03-27 19:14 | 短歌 | Comments(0)