「ほっ」と。キャンペーン

伯父は「戦争のようだ」と言った   一首


■■
f0100480_17402789.jpg


19:06



リ ビ ン グ の 観 葉 植 物 み ど り な す 視 野 狭 窄 の 平 和 の 午 後 よ



りびんぐのかんようしょくぶつみどりなすしやきょうさくのへいわのごごよ





 熊本の


 地震の前に東京や神奈川で震度2か3の地震があって、友達のことが気になりテレビニュースを見ていると、音色は忘れたが警告音とともに地震速報が流れて「ああ、東京が….」と思ったら、熊本だった。だんだん明らかになる被害状況と余震ではなく地震が続くという異常な事態に頭の中を何かがぐるぐると回る。日頃からネットで親しくしている雪太郎君が熊本である。メールを入れると住まいが市内から離れているので無事だったようだが、その日は車で寝たようだ。しかし、翌々朝の南阿蘇村の地震は雪太郎君の住まいに近い。メールを入れると「生きてます!スマホの電池が切れる」とだけ返事があったので、停電だったのかもしれない。二日たって雪ちゃんのブログが更新されて無事を知るが、日ごろの地震対策と家具のない部屋で寝ていたという用心深さが幸いしたようである。かすり傷一つないという。


 そして熊本市中央区にいる従妹と連絡が取れないので、鹿児島の従妹の実家に電話を入れる。すると「避難してるのよー」と叔母が不安げに言う。近くに住む伯父が集まっていたようでかわるがわる電話に出て「九州が壊れる」「戦争のようだ」と言う。もうすぐ90歳になろうかという伯父にとって平和安寧以外は「戦争」である。鹿児島もずっと揺れているといい、そんな中、川内原発は動き続けている。



f0100480_1850022.jpg




 マンションの大改修中でトップの写真は一番館の養生写真。これも塗装は済んだらしく5月いっぱいかけて足場を解体するとチラシが入っていた。いよいよ私んところが始まるのだけれど、ベランダの花とかいろいろ片付けなければならず、とても面倒だ。



f0100480_18531029.jpg




 今日は風が強くって、しばらく様子を見てから洗濯物を干す。そんなこんな。








f0100480_18542488.jpg

只今のながらCD

SOMEWHERE / KEITH JARRETT, GARY PEACOCK, JACK DeJOHNETTE
[PR]
by alglider | 2016-04-17 17:40 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧