「ほっ」と。キャンペーン

陽の当たる場所    一首

■■
■■
f0100480_15303466.jpg


22:37



ね え あ な た あ し た に 空 が 割 れ る の よ 風 ふ き わ た り 花 そ よ ぎ お り



.ねえあなたあしたにそらがわれるのよかぜふきわたりはなそよぎおり



 25日の


 土曜日、病院の帰りに実家に立ち寄った。最寄り駅近くに立命館大学のキャンパスが新しくできたので、駅の雰囲気が若々しくてびっくり。まあ、若者だらけなのである。小糠雨の中、実家へ。誰も住んでいないので、久しぶりに鍵を開けるのはちょっと恐い。雨模様なので、風は通さず。パウル・ツェランの「迫る光」とロートレアモンの「マルドロールの歌」を取りに来たのだけれど、「マルドロールの歌」が本棚に見つからない。えー、おかしいなあ、と思い二重に積まれている本の前面を床に下ろし始めると、ああ、大仕事になってしまった。


 私が家を出てから父親が自分の部屋にしてしまったので、本棚の前に机をデンッと置いてしまっている。ああ、この机の向こう側かもしれない、と机の下にもぐりこんで懐中電灯で探しているとひと汗かいてしまった。エアコンが故障していなかったのが奇跡的にラッキー。ロートレアモンは諦めて、探す途中で出てきた清水昶の詩集「夜の椅子」と「朝の道」、ジョルジュ・バタイユの「大天使」、マンレイの写真集などなど鞄に詰め込んで、葉ね文庫へ向かった。30年以上棚に眠っていた本に陽が当たるかもしれない(当たった!)。


 上の写真は実家にあったアルバムをしばし眺めていて、2歳前の私がレコードプレーヤーに向かっているところを加工トリミングしたもの。このころから好きだったのか。家には映画のサウンドトラックやジャズボーカルのSP盤が結構あった。「バッテンボー」は「ボタンとリボン」のことと後日知る。



f0100480_22142999.jpg




 葉ね文庫店主、池上さんが「荒木時彦の詩集を一番揃えてる店」というので、先日は買いそびれてしまった。何だか調和を乱す気がしたからであるが、今回は「えいっ、すまぬ」と思い切って「あなたが出かけてしまったあとにー24の断章ー」と「要素」の二冊を買った。「あなたが~」は秘められた手帳を読む思いである。



f0100480_22191815.jpg





                駅までの道にアガパンサスが咲いている。一首詠もうと思っている。






 そんなこんな。




f0100480_22203929.jpg

只今のながらCD

LIVE AT MARQUEE,LONDON,AUGUST 10th,1971 / KING CRIMSON
[PR]
Commented by 懐古親父 at 2016-06-28 08:42 x
ご無沙汰です。
此方へ来られたんですね。
当方も、時間が解らない仕事してますが、次に来られる時には、一声頂けたら、お茶でもしませんか?
Commented by alglider at 2016-07-03 23:17
懐古親父さんへ

ほんとですね。そっちのケータイをこのコメント欄の非公開機能を使って教えておいてください。龍ちゃんとも会いたいな。

パンタタ☮
by alglider | 2016-06-26 15:30 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧