文月尽日  一首

■■■
■■■
f0100480_1791780.jpg


22:21



ホ ル ス ト の 右 脳 の 果 て を 思 い つ つ 眼 閉 じ お り ジ ュ ピ タ ー ま で を



ほるすとのうのうのはてをおもいつつまなことじおりじゅぴたーまでを



 今夕、

 買い物へ出ようと思ったら遠くで雷がゴロゴロと。私はmixiで「雷が嫌い、または怖い。」というコミュに入ってるぐらい、雷が苦手である。大人になって随分とマシになったがやはり苦手(子供のころは真夏でも綿布団にくるまって汗だくで目を固く閉じ耳を抑えひたすら雷が過ぎるのを祈った)。遠い雷鳴を聞きながら、さっと行ってさっと帰って来るべきかと悩んだけれど、怖い歴ン十年の感が「今、出ては駄目」と教えてくれる。すると、すぐ雷雨が「ドドドド」とやって来た。20分ほどで小降りになり40分ほどで青空が戻って来た。藪蚊を気にしながら小さな森を抜けて買い物へ出る。


 先週の土曜に肺のCTを撮った結果を金曜日に半休を取ってYC病院まで聞きに行ってきた。右肺上部の浸潤影は一か月前より小さくなって(ほとんど消えかけ)いて、腫瘍ではなく「知らない間に軽い肺炎でも起こしていたのでしょう」という診断で、もう経過観察もなしで会社の春秋の健診で十分でしょう、ということであった。めでたい。


 先週からフェイスブックを始めた。連絡を取りたい人がいてFBしか手段を思いつかなかったのと、短歌に特化したSNSにしようと思ったのだけれど、駄目でした。もう短歌以外の学生時代の友達やふる~い友達が「友達ではありませんか」とリストアップされる。懐かしいなあ、どうしてるの?と友達申請をすると、あっという間に「短歌に特化したSNS」ではなくなってしまった、笑。しかし、どこから引っ張ってくるんだろう。こうなったら欲で誰々と会いたい、なんて思ってしまう。罠、笑。



f0100480_225240.jpg




 マンション大改修の足場もなかなかいい感じになってきた。ちょこっと登ってみたい気もするが、基本高いところは苦手。でもこういった狭い通路を少し歩いてみたい。大改修は2回目で1回目はたぶん15年ほど前にあって、そのときに足場をつかった短編小説を書いたのだけれど(実は失念していた)、先日、友達の家で宴会をしたらその小説のコピーを持ってる人物が居て、嬉しいような恥ずかしいような、であった。



f0100480_2291664.jpg




 七月が過ぎようとしている空。いよいよ夏本番。今年はその季節の繰り返しに、疲れた感がいっぱい。来年も生きていたら、また夏なんですねえ、と言ってるのでしょう。そういうのに疲れたなあ....ずっと続くんですものねえ....





 そんなこんな。





f0100480_22121935.jpg

只今のながらCD

I HEAR BENNY GOODMAN & ARTIE SHAW / BUDDY DeFRANCO
[PR]
Commented by at 2016-08-01 07:05 x
そうそう、FBね、息子や甥っ子まで勧めてくる。いやはや。
Commented by alglider at 2016-08-01 07:19
文さんへ

文さんのFからお誘い来たけど、今、あまり使っていないみたいなのでお友だち申請しませんでした。それでいいかな?


パンタタ☮
by alglider | 2016-07-31 17:09 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧