「ほっ」と。キャンペーン

葉月尽日   一首

■■
■■
f0100480_1546781.jpg


18:35



二 つ 三 つ 蝉 の 骸 を 踏 み し 夜 は わ れ を 預 け て 眠 た か り し を



ふたつみつせみのむくろをふみしよはわれをあずけてねむたかりしを



 27、28日と


 一泊で東京へ行ってきた。所属する短歌結社「月光の会」の夏合宿である。去年は会津までの遠出だったが、今年は東京の青山のホテルだったので、いつもより集まったメンバーも多かった。月光の合宿は一日目は無記名一首の歌会をして、二日目は名を挙げて五首連作を批評し合う。上の歌は五首連作「夏越えの歌」の最後の歌。月光の単行本を編集している野口さんと打ち合わせをして、歌集を来年三月までには何とか、という話に。野口さんは今年中に出したかったようだが、私の方がそれでは間に合わぬ。表紙のイラスト、歌集名、装丁のイメージの話が進んで、これで幾分気持ちは楽になった。


 29日から8月いっぱいは遅い夏休みを取っていて、のんびり家で過ごしたのだが、29日は東京の疲れでほとんど何もせず。疲れてるので寝るのだが、寝ると別の疲れが出る。背中を中心に上半身が固まってしまった感じ。30日はそろっと動き出してペインクリニックまで。東京に行く前日に痛み止めが切れてしまっていたのだ。ロキソニンで凌いだけど、日々の薬をきちんと飲んでいないと、思わぬところに痛みが出たりする。最近、左手首から先が震えて力が入らない時がある。頸椎のレントゲンを撮ったけれど特に異常なし。握力を測るが左は20とちょっと。女性と同じぐらいである。右も平均に全く足りない。


 昨日から涼風が立って、合図のように赤とんぼの群れがあちこちに見られるようになった。季節は移ろい、世は動き、明日に死すとも、といったことを言いたいが、一昨日、大学時代の歌姫・高田マミちゃんの訃報が入った。病名の情報はないが、十年の闘病生活だったと知る。六十を越えてまた一人また一人の夕暮です。



f0100480_1818488.jpg




 真昼には雷雲が立ち上がっているときもあるが、朝夕は秋の空だなあ、と思うほど高くなってきた。一日も短くなってきているし、生きていれば繰り返し、繰り返し、毎年同じことを言っている。書いている。



f0100480_18203390.jpg




 買い物へ出て、スーパーを過ぎて府立公園まで足を延ばした。そこにも赤とんぼが見られたが、大きなクロアゲハがゆらゆらと花に止まったり、踊ったり。今では黒ければなんでもクロアゲハと一括りにしてしまうが、子供のころはちゃんと種類別に名前を覚えていたものだ。さて、と家に帰ってから調べてるとモンキアゲハであった。そうそう、そう言えばこれが一番よく見る種だったな。





 そんなこんな。





f0100480_18254863.jpg

只今のながらCD

BLUE TRAIN / JOHN COLTRANE
[PR]
by alglider | 2016-08-31 15:46 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧