ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

光る風が吹く   一首



f0100480_16461773.jpg


20:31



外 輪 の し じ ま に と ま る ヤ マ マ ユ を 纏 い て 立 て り サ ー ト ゥ ル ヌ ス は



がいりんのしじまにとまるやままゆをまといてたてりさーとぅるぬすは



 バレーボールの


 アジアクラブ選手権の決勝を見ながら書いている。日本はNECレッドロケッツが代表として出ている。オリンピック代表だった島村は調整できなかったのか参加していない。古賀の姿を久しぶりに見ているけれど、あどけなさが消え表情もプレイもいい感じ。柳田(ショートヘアが似合ってますわ)も先発していて相変わらず猫のような笑顔。で、♪ピンポンッとチャイムが鳴って出てみると昼間に注文したKIYO*SEN(鍵盤はカシオペアにいたベテラン大髙清美さん、ドラムが高校生の時から天才と騒がれていた川口千里ちゃん。二人がバンド組んでるの知らなかった)のCDがもう届いた。アマゾン経験上最速だわ。


  


 土・日曜にまとめて進めてきていた歌集の編集作業だけど、先週あたりから帰宅後に1時間でも2時間でも進められるようになってきた。選歌の対象となる歌を選び終わって(ということは拾いなおす対象の歌の一群が生まれたことを意味する)、旧仮名を新仮名にかえている。途中から新仮名遣いにしたので、どうしようか迷っていたのだけど古いのもすべて新仮名で統一することにした。現代語、古語ごちゃ混ぜは歌の味わい(勝手に思ってる)としてそのまま。タイトルは二案あって、最初のやつを福島先生に言ったら「おっ、いいねえ」と言われたので、後から浮かんだ案も気に入ってるが、相談した方がいいかもしれない。表紙はガロ出身のマンガ家である森元暢之君に頼もうと連絡を取れるようにした。タイポグラフィは頼むかどうか迷っている。



f0100480_209487.jpg




 土曜日(10日)に「永遠でないほうの火」を上梓した井上法子ちゃんが来阪していたので、葉ね文庫で会った。彼女とはネットで知り合ってから8年ほどたつが、高校生だったときから歌集をいつか出すだろうと思っていた。次は詩集かもしれないなあ。別れてから南森町に戻り繁昌亭へむっちゃんに会いに。職場の人に頼まれていた落語四天王てぬぐいを受け取りに。なかなか手に入りにくかったようで、むっちゃんに職権を乱用してもらった、笑。




f0100480_2093413.jpg




 時代がだんだん嫌な雰囲気になってきて、これまで本棚になかった本が増えてきている、というか出版自体が増えてきたのだ。山上たつひこの「光る風」(未読の人はぜひ)がこう現実味を帯びてくるとはなあ。しかし70年代になぜ山上はこの漫画を描いたのだろう?




 レッドロケッツ優勝した。そんなこんな。



f0100480_20154547.jpg

只今のながらCD

CHOCOLATE BOOSTER / KIYO*SEN
[PR]
Commented by さと at 2016-10-04 13:50 x
南森町、懐かしいです。
天満の天神さん。
私にとっては懐かしい場所です。鳩は今もいますか?
繁盛亭、一度行ってみたいと思いつつ、月日が流れました。
Commented by alglider at 2016-10-04 22:53
さとさんへ

鳩いますよ、いっぱい。繁昌亭、ぶらりといいですよ。


パンタタ。
by alglider | 2016-09-11 16:46 | 短歌 | Comments(2)