「ほっ」と。キャンペーン

背中が鉄板   一首(推敲しました)

■■
■■
f0100480_15191045.jpg


22:37



も う 一 度 ひ る が え る 旗 た れ の た め 死 ね と 言 う の か 誇 り に ま み れ



もういちどひるがえるはたたれのためしねというのかほこりにまみれ



 歌集の


 準備を根を詰めてやっていたら、背中が痛みだした。いつもの後遺症の痛みより“するどい”痛みなので、4年前の緊急入院を思い出した。たまたまその日はペインクリニック(整形外科医)に行く予定だったので、事情を説明すると、以前持参したDVDの映像が残っていて「こんな珍しい病気が同じ場所で起こることはまずない」と言われ、痛みはあるもののホッとする。お咲きさん曰く「体が固まってるから」。そういえば運動をしていない。嫌いだし。


 根を詰めてやった結果、歌集は編纂作業に取り掛かれる段階に入った。入ったけれど、さて何かいいアイデアというか方法論はないものか、とお気に入りの歌集の作りの分析ばかりしている。ふむふむこういう章立てか、ここで空白を入れて、それに大体何首あればいいのだ?なんて数え始めたり。そんな塩梅で構成の方は脱線し勝ち。今度はとにかく、えいやっ!とひな形を作ってしまないといけないなあ。大幅に変更するにしても、変更するものがなくては話にならない。



f0100480_2217395.jpg




 ま、歌集でも詩集でも編集・校正の悩みは同じだろうけれど、いろいろ苦労話を聞いていた、なっちゃん(萩野なつみ)の詩集「遠葬」が出来上がって送られてきた。出版社はどーんと思潮社である。24日に葉ね文庫での先行発売が始まり一般大型書店の詩歌コーナーには月末あたりに並ぶのではないかしらん。



f0100480_221806.jpg




 家の中には思い出深い物々がある。玄関の下駄箱にあるゴジラのフィギュアはお咲きさんと娘が出先で買って(私の誕生日だったか、理由は覚えていない)、それを娘がマンションの通路を走って「お父さ~ん」と持ってきてくれたものだ。娘が小学生のときに工作でつくった動かない時計、お面、木製パズルなどなどいろいろある。5年前に職を辞して横浜からこっちに戻ってきて4年間居て、いろんなものを置いて結婚していった。この一つ目の人形には何の思い出も思い入れもないのだけれど、その4年間の間に現れて居ついている。今、娘の部屋を短歌の編集用に使っていて、この一つ目ちゃんが同居人になっている。思い出はこれからね、と写真におさめた。





 そんなこんな。



f0100480_22241273.jpg

只今のながらCD

LUNASA / LUNASA
[PR]
Commented by はしる at 2016-09-25 22:53 x
マイクワゾースキーにジッと見つめられて肩も背中も凝っちゃいましたか?
ついつい根詰めてしまいがちでしょうけれどほどほどに頑張ってください。
Commented by alglider at 2016-09-25 23:05
はしるさんへ

これマイクワゾースキーっていうんだ。覚えておこう。ずっと一つ目ちゃんだったから。「根詰め女王」のはしるさんからねぎらいの言葉を頂けるとは。はあ、でも頑張ります。はやくやらないとね、はやく校正に入れないからね。

パンタタ☮

by alglider | 2016-09-25 15:19 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧