「ほっ」と。キャンペーン

相変わらずIZAMです   一首



f0100480_22202120.jpg



01:28



歌 う た う 心 さ が せ ば 開 か れ し ハ ン マ ー ス ホ イ の 扉 の む こ う



うたうたうこころさがせばひらかれしはんまーすほいのとびらのむこう




 日曜の帰宅は


 遅くなりそうなので、深夜に少し書き始めている。日曜は初めて勤めた職場、大学生協書籍部の上司からのお呼びで歌人道浦母都子さんの講演に行ってくる。趙博さんの唄とのコラボだけれども、趙さんは初めてであるから、どうしても道浦さんに私としては比重がかかってしまう。最近「無援の抒情」を再発行された道浦さんだが、葉ね文庫で「こういう時代だからこそ」というメッセージであるとの話を聞いた。本棚に眠っていた「無援の抒情」を引っ張り出し、一筆お願いしようかと思っている。道浦さんは関西で歌会を主催されていないのだろうか? そんなことも尋ねてみたい。


 歌集は第三稿に入った。まだまだだが少し形は見えてきた。しかし、読み返していると、すべてを破棄したくなる感情と、これはええ歌集やないの!という相反する気持ちが日替わりで現れる。“破棄”状態の時は進まず“ええ歌集”状態の時は校正も大胆な組み替えも進む。勝手なものである。自意識過剰なのであろう。



f0100480_054611.jpg

 プリントした歌集原稿を二つ折りに綴じ、持ち歩いては喫茶店(おもにドトール)で、校正、文語の場合は文法のチエック、それと大胆な「没」作業をやっている。金曜の夜、葉ね文庫で「電車の中で詩集を読んでる人を見かけると気になるなあ」なんていう会話が出ていたが、それでいくとドトールで短歌の校正もかなり気になる。そうだなあ他人がしていたら声を掛けてしまうかも。めちゃ迷惑がられるかもしれないけど、笑。あ、私の場合は大丈夫ですよ。よほど煮詰まってないかぎり。それも、あまり煮詰まらないし、笑。



f0100480_0594611.jpg

 かかりつけの病院へいく裏道にある畑に毎年コスモスが揺れる。何だか少ないね今年。いつもあちこちで写真を撮るのだけれど、ここだけだったな、撮影ポイントは。紅葉も遅い。



              

 本当にどうしようもなくSHAZNAばかり聴いていて、自分でもおかしいのではないかと思ってしまうIZAM萌えである。カッコイイ、カワイイとは少しずれていて、かれはどのようにこの栄光の時期を過ごしたのかが気になる。どこか、彼の内面が気になるのだ。どんなんだったんだろう、と。成功の喜びだけなら、それはそれでいい。でもやっぱり基本、カワイイと思っているのであろう。萌え萌え、笑。16~17秒当たりの手を振り上げた踊りと1分22秒当たりでクルつつうクルと回るのいいなあ。インディーズの時代からやってる曲はノリがいいですな。




 そんなこんな。





f0100480_1154250.jpg

只今のながらMUSIC

PROMISE EVE / SHAZNA 大人買い状態です。
[PR]
by alglider | 2016-11-13 01:20 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧