ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

暑いし寒いし      一首


■■

f0100480_18302810.jpg


20:01


眠 る と き わ た し は 波 の 舟 底 に ゆ ら れ て 思 う 、 ゆ れ て は 沈 む




ねむるときわたしはなみのふなぞこにゆられておもう、ゆれてはしずむ




 トレーナーを


 着ていると暑いし、と言ってTシャツ一枚になると、少し寒かったりして難儀な気候である。難儀ではあるが、風は気持ちよく、もうすぐ風薫る五月だなあ、と思う。歌誌「月光」50号、月光の会結成30年記念号がやっと届いた。およそ5カ月は遅れたのではないだろうか。51号の原稿はすでに送ってあるのだが、段取りとしては52号の〆切が告知されなければならないのに、載っていない。編集をやってくれているのは忙しい人たちだから、なかなかそこまでは手が回らなかったのかもしれない。でも原稿は送らないといけないから、メールにて尋ねると次回の編集会議で諮るとのこと。


 福島泰樹主宰には6月の吉祥寺・曼荼羅で行う「中原中也生誕110年・没後80年記念短歌絶叫コンサート」(私も見に上京します)の準備などで忙しいなか跋文を頼んでいる。私の歌集『汀の時』は月光文庫というシリーズで月光の会で発行するので、編集部の方から今月中に印刷所に入稿できたらなあ、という算段のメールを貰った。跋文が出来上がっての話だけれど、うーむ。手に取ってもらえるのは、5月半ばになるかもなあ。でもいい季節だ。五月の歌や六月の歌が結構入ってるし、いいかも。


f0100480_20040885.jpg

 お咲きさんは60歳になって今までの仕事が嘱託扱いになった。結構ハードに30ン年間働いてきたので、嘱託らしくのんびり仕事をするのだ、と有休を取って長野の高遠桜を見に行ってきたけれど、今年は寒かったのでまだ三分咲きぐらいだったとか。見方としては部分的に満開に見えるところに視点を集中させるといいらしい、笑。お土産に駅弁の話題では必ず名前があがる「峠の釜めし」を買ってきてくれた。贅沢な駅弁で1000円はめちゃ安い。おいしゅうございました。


f0100480_19461469.jpg

 15日の土曜日、ペインクリニックへ向かう途中、寝屋川をゆく花筏。遠くに桜並木が見え、えんえんと続いている。ペットボトルとかゴミの類は興ざめだけれど、しばし見とれていた。


f0100480_19485667.jpg

 桜に若葉がつきだし、上から下に目を遣るとチューリップが咲いていた。赤、白、黄色、どの花見てもきれいだな♪というのは歳を取ってから分かるものですなあ。




 そんなこんな。




f0100480_19524227.jpg

只今のながらMUSIC
AZMARI:ABYSSINIAN LIVENTURE / VESPERO






[PR]
by alglider | 2017-04-16 18:30 | 短歌 | Comments(0)