ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

出稿しました       一首


■■
f0100480_17402759.jpg



19:15



五 月  陽 の 回 廊 を ゆ く き み の 背 に 映 し だ さ れ る 未 完 の 言 葉






ごがつ ひのかいろうをゆくきみのせにうつしだされるみかんのことば






f0100480_18371711.jpg




 やっと、


 校正作業を手放して私の歌集「汀の時」は印刷所の手にゆだねられました。編集を担当をしてくれた野口さんの話によると3週間ぐらいで製本はアップするとか。「中原中也生誕110年・没後80年記念短歌絶叫コンサート 2017年6月10日(土)夜・11日(日)昼・夜 吉祥寺 曼荼羅」へ行くつもりだから、会場で販売できるかもしれない。定価はおかしなことに月光文庫は薄くても分厚くても、すべて2000円。amazon と大阪「葉ね文庫」さんで扱ってもらう予定。私個人への注文(https://twitter.com/alglider / https://www.facebook.com/profile.php?id=100012886002362 / anomalocaris@u01.gate01.com)も受け付けます。特典も考えるので、決まれば後日アップします。




f0100480_18435562.jpg

 カムパニュラの花が駅までの道にいっぱい咲いている。毎年ではなく、ここを手入れされている方が、いろんな様々な花を丹精されているようだ。昨日は高校の同窓会(関西地区)があり、友達に誘われ久しぶりに出た。やっぱり分からない人が多い。分からないと男子同士だと「お前誰?」と尋ねやすいが、女性は聞きにくい。訊かずにいると、嫌味を言われたりするからやっかいだ。若いころの「誰が好きだった」「誰に好かれていた」もすべて笑い話。以前からネットで私の歌を読んでいてくれた女性が歌集を予約してくれ、その話を聞いていたもう一人も予約してくれた。短歌の言葉というのは彼女にとって頭の中に仕舞われている言葉で、それが「ああ、ここに引き出されている」と思う言葉らしい。たしかにそういう面はあるだろうなあ、と思った。






 そんなこんな。





f0100480_19080763.jpg
只今のながらMUSIC

INVENTION OF KNOWLEDGE / ANDERSON & STOLT





[PR]
Commented by at 2017-05-21 20:29 x
おめでとうございます<m(__)m>  
予約します\(^o^)/ 
特典、楽しみ(^_-)-☆
Commented by alglider at 2017-05-24 20:35
文さんへ

早く送り届けたいけれど、
まだ私の手元にもない、笑。
この2、3日、疲れがどっと出て腑抜け状態です。

パンタタ

by alglider | 2017-05-21 17:40 | 短歌 | Comments(2)