ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

f0100480_17562974.jpg


 休みでゆったりと過ごしたのだけれども、ゆったり過ぎて溜っているメールの返事やmixiの書き込みをせずに過ごしてしまった。いろいろと頭の中に考えが巡るのだけれども、それを形、文章に取り組む気になれずにいる。寸暇を惜しんで、だる〜く過ごしてしまっている感じだ。これではいけないのだろうが、人並みにそこそこ夏バテで4キロ体重が減ってしまった。まぁ、階段を上るときなど、ちょっと体が重たく感じていたから、もう少し落としてもよいぐらいかも知れない。

 アルコールの専門医が患者に言う言葉に「あなたはもう普通の人の一生分の量のお酒を飲んだのだから......」というのがあるけれども、虚実で言えば、この言葉は嘘であって、そんなことはないのであるし、[普通の人の一生分の量のお酒]なんて分かるはずもない。しかし「私はもう一生分のお酒を飲みましたので、これからは断酒していきます」と体験談で語り、お酒を止め続けている人はいる。その人には、この嘘は真実なのであろう。思い込みであってもかまわない。で、私は、なかなか、そううまく自分を騙せる嘘が見つからずにいる。別段、今、困ることでもないのだが、何かよい嘘を見つけたいと思っている。私にとっての言葉を見つけたいと思っている。
[PR]
Commented by office-nekonote at 2006-08-16 23:28
「普通の人の一生分の量のお酒」は基本的には毎日1合の日本酒(または純アルコール相当分)を60年分だそうです。
2合飲む人なら30年分。
3合飲む人なら20年分。
女性は男性の半分の量です。
パンタさんは難しく考えすぎなんだと思います。
病気だから、と言う真実だけですよ。
糖尿病の人がカロリー計算した食事をしなければならないのは、糖尿病だから。
腎臓病の人が塩分制限をしなければならないのは腎臓病だから。
それだけです。
Commented by amana at 2006-08-17 07:00 x
私も初めてクリニックに行った時同じような事を言われて私より何倍も飲んでる人はなんぼでもおるやんかーって思いました 今でもそう思います。 だから自分の飲める一生分と考えるようにしてます。
同じところにこだわってる仲間は結構多いかもしれませんね
Commented by office-nekonote at 2006-08-17 09:38
あやや、不公平だと言うのが本音の人はたくさんいるんでしょうね。
AAではそういう思いはしていませんが、はじめて断酒会では結構聞く話しで、初めて断酒会に行ったときに聞いて、がっくりしたことを思い出しました。でも主治医も会長さんも、「一生飲みません。という人に限ってすぐお酒を飲むから、まだ飲みたいと言っている方が良いんだ。」と言われて重ねて(@_@)。
それでも40才前後をすぎるとかなり飲んだと自覚できるようですが、ティーンの人たちは、皆がお酒を飲んでいよい年齢になるころには自分はお酒を止めなければならず、他の人にはできて自分にはできないこということでグリーフワークが必要なんだそうでした。
Commented by パンタタヌキチ at 2006-08-17 22:42 x
たま猫さん。
難しく考えているつもりはないのですが、蟹は甲羅に合わせて何とやらでして、今のところこの方法です。色んな数字が量られているものですね、これって、消費量ではなくて肝臓の痛む量なのかなぁ? 私にとってアル中は、まだまだ真実ではなくて、事実でしかありません。
Commented by パンタタヌキチ at 2006-08-17 23:04 x
amanaさん
ちわっす。毎日暑いっす。洗濯物が増えて水道代がかさむ夏ですねw 他人と比較してもあんまり意味がないから[自分の飲む一生分]と考えるのは正解と思います。でも、あまり[言葉の力]は感じられませんよね。私の中での最近のヒットは枚方断酒会のIさんの[お酒にまつわること(考え)を放る]です。これは何となく、聞いていてじわっときました。Iさんらしくて、自分自身でたどりつかはった言葉やなぁ、と思います。
by alglider | 2006-08-16 17:56 | 回復過程 | Comments(5)