回復基調

f0100480_0452081.jpg


 風邪にも負けず、微熱にも負けず、咳にも鼻水にも負けず、二日間の徹夜バイトを貫徹すると、風邪の方もびびったのか何処かに退散しようとしているみたいだ。熱は下がったけれど、ときどき、まだ咳が出る。咳き込むと腹筋が痛い、つつつ.......私の夜中の咳のせいで、お咲きさんの寝入りを妨害したらしく、眠れない眠れないと思っているうちに、不整脈がでてきたということだ、なんたるっちゃっ! これからはタオルで口を押さえて咳をしよううううう。でも、反射的に咳き込むから難しいかな.....首にタオルをかけて寝ることにするか。

 というわけで回復に向かい。その「お祝い」というわけでもないのだけれども、BEATNIKSさんからCDが届いた。表はレコードのようにわざわざ溝がデザインされていて、裏も黒のCD-Rでござんす。アメリカって面白いなって思ったけれども、日本にもあるのかな、私、CD-Rを使ったことないから、ただの井の中の蛙かもしれん。

 送られてきたのはBEATNIKSさんオススメのRichard Hell の『Time』です。Voidoidsからずっと聞いているのだからRichard Hellもさぞ嬉しかろうと思う。アーティストの中には、自分を表現していくために手段を時代時代に合わせて変化させていくタイプと、ある定型の中で自分をかたくなに表現していくタイプと二つあるけれど、Richard Hellは後者の方で、ROCKという形式の中でしか表現できない不器用さと切なさが声にも表れている。そして、矛盾するようだがその不器用さは頑なROCKという形式をも壊しかねないスリリングなものだ。私の短歌もそうでありたい。こういう音を聞くと'70後半から'80年代を思い出す。話は変わるけれど、Elvis Costello (1曲CBGBでの彼のライブが含まれていたから思い出したけれど)なんてめっちゃ器用だったんだなぁ、って思う。しかも王道ですよあれは.......やっぱり1stが好きで、文字どおりのニューウェイブ、デビューの為の波だったわけで、あとは王道を行っていらっしゃる。やっぱりというか、何故かあのころデビューしたバンドは1stが好きだ。

 まぁ、回復基調ということで、今日は秋空の病院へ。院内例会に行ってこよう。まだ腹筋痛いけれど、なんぼほど咳をしたんだろう? たははは。

 BEATNIKSさん、最後にありがとうござんした。『Blank Generation』はもちろんですが、1曲目の『Love Comes in Spurts』がいいですね、なんかもう懐メロですが......このエキセントリックなボーカルも秋に少しセンチな曲に聞こえます。



sutanka 
更新しました。三首です。



今日のながらCD

Time/Richard Hell
[PR]
Commented by BEATNIKS at 2006-09-26 11:02 x
喜んでもらえて嬉しいです騒音などで眠れない時は耳栓が効果的です。(お咲きさんへ)フリーのアルバムの中の"Mr.Big"って何?こんな名前のグループのLP 持ってなかったっけ??
by alglider | 2006-09-26 00:45 | 日々是口実 | Comments(1)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧