ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

心臓が左に回転している

f0100480_15295988.jpg


 4日前にやったばかりなのに、また、身体検査もあった。体重は500グラムほど増、身長は0.5センチほど減、視力は両眼とも1.5になっていた。前回は尿を採ってきて、リトマス紙みたいなのを、ぽちょと漬け、「はい、捨ててきてください」と言われ、その後に血圧測定。看護師が「ちょっと歩いたから、深呼吸してゆっくりしましょう」と言った。「へっ」。そんなら、何で逆の順序でせぇへんの........血圧測ってからぁ、尿を採取してぇ、って不思議な行動を取らされたが、今日はそのようなことはなかったでござんす。

 ただ、心電図がちょい変だという。お咲きさんのが移ったかな、って思ったら、さにあらず。心臓には地球のように、軸があるらしい。で、その軸から私の心臓はやや左に回転しているらしいのである。大したことではないらしいのだが「そういう所見です。また測定する機会があって、また表れたらエコーですかね。心配はいりませんが」。入院中にも測ったが何ともなかったのに、人生51年とちょい生きて初めて言われた。「あなたの心臓は左にすこし回転している」と。ちょっとかっこいいかも........

 で、その後、アル中病院に行ってF先生にそのことを話すと「ぜんぜん気にすることあらへん。そんなんうっとこにあるような機械で測ったんやろ」。すみません、先生、それどういう意味ですか.......とにかくF先生に言わせると心臓の軸の話しなんて、昼飯の話題よりランクが下みたいである。この内科医と精神医との差は何なのでしょう......

 んで、本来の目的を果たすため、仕事の依頼があったことを話しだすと、全て言い終わらないうちに「受けなさい、その仕事」と大声で言う。先生、話は最後まで........もう、仕事は受けたんですよ、それでちょいと不安症みたいなのが.........まぁ、お酒を止めることばっかりに一所懸命でもな、ばりばり仕事やりなさい、頑張り過ぎないように、なんて言われて、頓服にリーゼという安定剤をもらった。まぁ、想像していた通りの診察でした。




今日の一文

校庭のはづれににはとり小屋ありて「戦争だ、戦争だ」と子らの声せり

死にし鶏ふくろ詰めされ捨てられき袋に詰めれば無になるかすべて

月光のラップに包み葬るべしインフルエンザに死にしにはとり         栗木京子






只今のながらCD

THE CARNEGIE HALL CONCERT/KEITH JARRETT




 上の写真は、隣の隣の駅にある鉄柱に描かれている番号です。下に大きめに下書きのような「1」という文字があって、その上に小さく「1」とペイントされている。しかも、そのペイントの文字の「1」のてっぺん部分には丸ゴシックの跡がある。何だか綺麗なぁ、嬉しいなぁ、と思って写メール投稿した。ジャスパー・ジョーンズを思い出した。
[PR]
by alglider | 2006-10-17 15:29 | 日々是口実 | Comments(0)