家路

f0100480_15494620.jpg


 家路(遠き山に日は落ちて)
 作詞者 堀内敬三  作曲者 ドボルザーク


 .遠き山に日は落ちて 星は空をちりばめぬ

 きょうのわざをなしおえて 心軽くやすらえば

 風はすずしこの夕べ

 いざや楽しまどいせん まどいせん




 みやにもえしかがり火は ほのお今は静まりぬ

 眠れやすくいこえよと さそうごとく消え行けば

 やすきみ手に守られて

 いざや楽し夢見ん 夢見ん

 




今日のながらCD

Symphony No.9 in Eminor "From the New World"/DVORAK
[PR]
Commented by アルラ at 2006-11-06 22:40 x
鶏のコーラ煮の話題は、時に置き忘れられたのでしょうか?
Commented by パンタタヌキチ at 2006-11-06 23:17 x
特に興味が湧きません.......
Commented by アルラ at 2006-11-06 23:37 x
京橋のマグロ屋台はどうよ!!!!!
ヒガネの回転寿司はどうよ!!!!!
Commented by ヨーコ at 2006-11-07 11:20 x
ドボルザーク曲♪の  
作詩がこんなに心安らぐ生活を詠ったものとは知りませんでした。
情景が目に浮かび、心なごみ優しい気持ちになれます。
こんなふうに一日が過ごせたら...... いいですね。
Commented by アルラ at 2006-11-07 13:09 x
井村屋の、おもち付きしるこ、熱闘1分、これでどや!
これであかんかったら、諦める・・・(ToT)/
Commented by パンタタヌキチ at 2006-11-07 16:43 x
ヨーコさんへ
この訳詞は唱歌となって、よく歌われていたものです。年代が違うのですね......私なんぞは口にでます。
Commented by パンタタヌキチ at 2006-11-07 16:44 x
アルラさんへ
食欲は戻ってきています。キノコ汁うどん、ですな.....冬大根もいっぱい入れて、一回ご馳走してあげたい.........じゅる
Commented by ヨーコ at 2006-11-07 16:56 x
残念ながら、年代は限りなく接近していると思われます。ビ氏からの情報
わたしが、ド忘れしていただけでやんす、たたそれだけのこと(汗.........
by alglider | 2006-11-06 15:49 | 日々是口実 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧