ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

不安症のメモ 1

f0100480_9344567.jpg


18:45

 これは、不安症について考えていくためのメモのようなものです。

 不安、といえば恐怖のようなものも連想するけれど、イメージとしてそれほど鋭角ではない。先端恐怖症みたいなものは持っているけれども、それは身の処し方で対応できるものだ。不安定なのである。自分の思いと自分の表わすことと外との関係が。関係といっても、装置のようなメカニックな関係ではないから、その不安定の見返りは心に不安となって表れる。不安定といってもバランスの感覚でもなさそうである。泥土のような欲望、多分満たされていないものがある。満たされるぬもの、というのは凡そすべての人が抱く感情であろうけれども、それはそれほど大きな問題ではないというか、茶飯事で解消されていくものなんだろう。茶飯事というのは、日々の日常で世界と接する理屈が噛み合って動いて行くものだ。しかし、私の外の世界は、これまで私が身に付けた理屈とは全く違う理屈で動いていると驚くことがあって、否、それこそ不安になることがある。日々のひとつ一つ動作、茶飯事が間違っているような気になる。このように電車に乗ってよいのか、このように飯を食ってよいのか、このように本を読んでよいのか、このように更新していてよいのか、数え上げると切りがない。そんなことが頭から離れないのではない。そうであればもうとっくに破綻していると思うのだ。時にそのような思いが腹の奥から競り上がってくるのである。






仕方なく仕方なさごと受け入れるそのとき時はおだやかに暮れ
[PR]
Commented by at 2006-12-01 01:30 x
不安ねえ。私は自助会ミーティングの中で対処法を学びました(自己愛とも関連あるのかな)。自助団体(クリニック系含む)利用せずに断酒出来る人もいるらしいですね。60万分の1らしいけど、つまり全国に四人だな。ある意味四天王?。
Commented by alglider at 2006-12-01 23:29
ヨーコさんへ
削除しましたよん♪
Commented by ヨーコ at 2006-12-02 06:39 x
お手数、かけました。 ありがとうございます。
by alglider | 2006-11-30 09:34 | 不安症 | Comments(3)