ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

春告鳥

f0100480_12161899.jpg


17:24

 すっかり春ですよ、今日なんて。

 なんて、呑気な出足だけれども、最近、朝起きるのが辛いときがある。身体が動かないのではない、ダルイわけでもでもない。鬱ではないと思うのだけれども、不安なのである。どう不安かと言えば、起きると世界(回り)が、私に対して敵意を持っているように変わっているのではないかと恐怖するのである。世界が悪意に変化しているのを怖がっているのではなくて、ホンマ、自己中で[私に対して敵意を持っている]ような予感がして、なかなか起きるのが辛いのである。夢見が悪い時もあるけれども、それとはあまり関連性は認められない。もともと不安症の持病持ちだけれども、これまでは入眠時によく発症していたのだけれども、ここのところ、朝、起きる時も、である。安寧の場所は夢の中だけかしら......たはっ


 多分、このことは、お酒を飲み続けて、これまで自分が獲得してきた、知恵や方法が通用しない不安からきている、と、思う。世の中、自分の思考、行動原理とは別の物で動いている、という不安だ。確かにそういうこともあるから始末が悪い。ずっとお酒を飲み続けた故の小児症ともいえる。


 で、そんなことを言っていても仕方がないので、天気も佳さそうだから、えいっ、起き出して、観葉植物たちをベランダに出し、日光浴をさせる。その時、春告鳥、鶯の声を聴いた。裏山を渡る今年の初鶯である。陽気も佳く、ほんに春である。


 んで、散歩と買い物にでかけた。途中で、郵便局から娘さんに30万円を振り込む。去年の5月から始めた初老フリーターの給料を少しづつ貯金してきたのである。娘さんの就職祝いと言えば恰好が良いけれど、借金もあったしね、娘さんに........とほほ。でも、目標額を達成したから良しとする。晩ご飯は春雨と茄の炒め物にすることに..........


 写真は昨日歩いた街で見かけたもの。ビル建設の工事を囲むフェンスに書かれていたものである。大阪の「船場言葉」が幾つも書かれてあった。工事中のフェンスには動物園や植物の絵が描かれていたり、明け透けに工事中の文字だけであったりするけれど、これは面白かった。大阪やなぁ、と思って現場を一周した。出かける、行ってきます、の意味の船場言葉「いてさんじます」を発見して心が何だか軽くなった。いいなぁ、「いてさんじます」これから使おうっ!


 では、観葉植物を取り入れに、いてさんじます。




只今のながらCD

feels like home/NORAH JONES
[PR]
Commented at 2007-03-26 18:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by d_snow at 2007-03-27 00:20 x
いい感じの言葉ですねぇ(^^)
でも、文字の上の点が気になります。
何かの暗号かと思って、点を打ってある言葉だけ繋げて読んでみたりしたけど意味なしのようで。。。
でも、とっても気になるのです。
Commented by パンタタ at 2007-03-27 00:41 x
d_snowさんへ
文字上の点はアクセントですね。この字音が強くなりまっせ、という意味だと思います。大阪弁でも、純粋なのが船場言葉だと言われています。商人言葉ですな。最近は使う人が少なくなりました。私もほとんど知りません。上方落語で知るぐらいです。
by alglider | 2007-03-26 12:16 | 回復過程 | Comments(3)