慮る + 短歌

f0100480_8343525.jpg


22:07

 夕方買い物へ行こうと......

 一旦4時に起きたのだけれども、流石に疲れていて二度寝。今日はお仕事休みなのだが、先き程お咲きさんに起こされてしまった.......


 人の気持ちを慮ることができない、ということには、こっちが心配しても相手側は何とも困惑していない、平気だよ、っていう場合もあるんだろうなぁ.........
「それはそれはたいへんだったでしょう」と気遣いばかりするのって失礼なのかもしれない。何だか保身のために慮る態度が身に付いているのかも知れない。不安症の症状かしら......でも的確な気遣いというのは所詮無理なところがあって、やはり関係性の中でしか「思い遣り」は発露しない。繊細で泰然とした一本の木でありたい。



sutanka

われわれと言ひへず我は風を待つ一斉の桜ひとひらのみ散る



只今のながらCD

THE COCKNEY REBEL A STEVE HARLEY ANTHOLOGY DISC 1
[PR]
Commented by てむじん・与作です。 at 2007-04-05 20:33 x
しまうま なぁ
おかしい  と 思って って 投稿しただけですよ!!!

問題は・・

交野断酒会 

どのように 参加したらいいのかなぁ~~
Commented by パンタタ at 2007-04-05 21:28 x
テムジンさんへ
どのようにって、電車乗って来たらええだけですよ。
何の心配もありまへん。
山歩きは行ってるんですか?
例会は明日やで。
Commented at 2007-04-06 22:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by alglider | 2007-04-05 08:34 | 短歌 | Comments(3)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧