ブックカバーは外してほしい........

f0100480_1335758.jpg


17:53

 今日も好い天気...........


 買い物に出ていました。昨日味噌汁を作ろうと思ったら、味噌が足りない。んで、クリームシチューに変更したのだけれども、味噌汁担当を自認する者が味噌の管理に手落ちがあったというのはなんとも情けない。でも、なかなか気に入った味噌というものが見つからない。二〜三種類ほど混ぜるのだけれども、どれとどれの配合がよいのか、まだまだ偶然の支配する調理である。お咲きさんが「お母さん(私の)が、死ぬ前ぐらいに、ちょうど美味しい味噌が見つかったって言ってはったから、死ぬまで無理ちゃう」と言うので、気楽に基本の一種類を決めて後は色々試している。今日は初めての物を購入したからちょい楽しみである。


 で、話はがらっと変わって、昨夜寝る前に高島俊男さんの『漢字と日本人』を読んでいたら、地球上には四千ぐらいの言語があって、文字体系が四千もあるはずがないので、文字をともわない言語の方が多いのです、とあった。日本語も文字を持たない言葉だったので漢字を假借的に使用し始めたのである。で、日本語と漢語はもともと何の類縁関係もなくて、日本語は地球上のどこにも親戚のいない、孤立無縁の言葉らしい。いろいろ説はあるが、まず見つからないだろうということだ。まぁ、他にもバスク語みたいに世界には孤立無縁の言語(バスク語のは「帽子をかぶった人といっしょに」という意味の単語がある、とあった。単語!)はあるので寂しくはないのだけれども、言葉というのは思考概念だから、私たちは孤立無縁の独自の思考を毎日していることになる。面白い。


 んで、話はまたがらっと変わって、この『漢字と日本人』という本は我が家には二冊ある。娘さんが高校時代に買っていたのである。私ところは、娘さんが大学で東京に行くまで三人で暮らしていて、結構読書傾向が似ていたのである。だから注意はして各自報告はするのだけれども、気が付けば同じ本が重なることがままあった。もっとも、高島俊男さんは私のお気に入りであったので、これは娘さんのファウルである。網野善彦さんの本は、娘さんがまさか高校生で読むまいと私が買って帰ると[アミアミ]と愛称で呼ぶぐらい好きだったそうで、また重複。これは私のファウルであった。推理小説と詩歌は私の独壇場だから、私の本を二人が借りていく。住み分けしているのであるが、今日、娘さんの本棚を見ていたら、探していた寺山修司さんの歌集を筆頭に探していたものが数冊出てきた。


 お咲きさんは、以前は竹田青嗣さん、最近は内田樹さん、茂木健一郎さんにはまっている。私も、読んでもいいかなぁって感じだから、それはそれで良いのである。が、お咲きさんは書店でブックカバーを必ず付けてもらい、装着したまま本棚に並べるので、こちらとしては何が何だか分からない。カバーを外して並べてほしいと思うのだが、これはこれで人それぞれの習慣や美意識だから、気の弱い私は言えずにいる。で、今日、カバーを外してチェックしていたら橋爪大三郎さんの『永遠の吉本隆明』という、私の購入予定に入っている新書がでてきた。油断も隙もありゃしない。これはまだまだありそうである、重複本が........-"-;




只今のながらCD

KRISTALL NACHT/PANTA





 
[PR]
Commented by ノエル at 2007-05-24 19:19 x
パンダタさんち、本の趣味が似ているのですね。でも、本当に優しい旦那さんです。私は、ブックカバーは紙の無駄遣いかなと思って、つけてもらいません。「地球環境のために、カバーは止めよう」なんて言ってみたらいかがでしょうか(^-^;

それから、味噌は大切です。私は味噌汁には大変な情熱を燃やす人です。お勧めはネットで買った「日田醤油のこだわり味噌」です。ググると、楽天で売ってます。欠点は「高い」ことです。(涙)

それから、何と言っても味噌汁はダシです。ああ、味噌汁ネタは書き出すと止まらない・・・・
Commented by パンタタ at 2007-05-25 09:37 x
ノエルさんへ
私もカバーは付けてもらわなくなりました。お咲きさんは何も考えていません、多分......-"-;
[日田醤油のこだわり味噌]、1キロ、1000円ですね。眼の球が飛び出るほど高くはありませんが、そんな高いのはもちろん買ったことがありません。手が出ないこともない、一度、お咲きさんと相談の上買ってみましょうか.......
Commented by 高人 at 2007-05-25 13:31 x
味噌の旨味というのは、奥が深いものがありますね。
コーヒー豆やウイスキーなどと同様、味噌も複数種を合わせると、相乗作用で格段に旨味が増しますね。

私は、基本的には赤味噌系が好きで、長い間尾張はカクキュウの八丁赤出味噌というのを使っておりましたが、段々飽きが来まして、今では家人の好きな中味噌系のもの(パッケージが捨てているので、詳細不明^^;)を普段は使い、時に赤だし味噌(京都・石野味噌『赤だしかっこ「京さくら」』;500g, 500円)を使います。

味噌汁というのは、仰るように出汁が決め手のようで、料理屋で出る赤だしの味(あの芳ばしい香り)がどうしても家では出なかったものが、鰹節と昆布で出汁を採ってみましたら、相当近い味になりました。

ただ、料理屋の主人の言によれば、料理屋で使っている「赤だし味噌」はそこいらで売っているような値段ではなく、万がどうとかと言ってましたが、ほんとでしょうか、、、^^;

松尾橋の西のたもと近くにある味噌専門店の何とかという味噌が絶品だ、と友人が言っておりましたが、まだ試しておりません。

長々と失礼しました。
Commented by パンタタ at 2007-05-25 22:56 x
高人さんへ
味噌こだわり派でしたか。良く共通した趣味がこうも見つかるものですね、お互いに。
>私は、基本的には赤味噌系が好きで、長い間尾張はカクキュウの
>八丁赤出味噌
これ結構塩分たかそうですね。「京さくら」の500グラム、500円もそこそこの値ですね。私は、そんなに出汁には凝っていません。市販のパックもので、そこに昆布の粉末を若干足します。味噌にコルだけでも大変なので、鰹節と昆布にまでそんなに手を出さないようにしなければ、私の性格上大変なことになります。まぁ、もともと上品な舌は持っていませんから大丈夫ですが......
松尾橋の味噌、ぜひ挑戦して御一報をなんて.......
Commented by パンタタ at 2007-05-25 22:58 x
ノエルさんへ
お咲きさんとの協議の結果、[日田醤油こだわり味噌]購入することにしました......w
Commented by noelu-2008 at 2007-05-25 23:03
おお、私の宣伝に効果があったのですね。お口に合うと嬉しいのですが。感想を是非お聞かせください。
by alglider | 2007-05-24 13:35 | 日々是口実 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧