プチ散財の日

f0100480_13464250.jpg


16:29

 午後3時過ぎ外出から帰宅。


 ベルギー王立美術館展は平日ということもあって、空いていて見やすかった。ダリとか若冲は平日の朝からいっぱいだったけど、あれは特別。もっと特別はダ・ヴィンチだろうけれど、東京までは行かないからよろしい。負け惜しみではないよ......(ToT)/


 ベルギー美術で思いだす画家といえば、まぁ、昔ではブリューゲル親子とルーベンス、最近ではデルヴォーとマグリットあたり。4人とも来ている作品数は少なかったけれど、マグリットの[光の帝国]が出展されているのを知らなかったので、最後の最後、出口の脇にどーんと姿を表わしたときは驚いてしまった。マグリットは[大家族]など好きな作品が多い画家だけれども、そんなに技量が卓越しているわけではないし、基本、アイデアの画家だと思っている。思っているけれど、この[光の帝国]はアイデアをこつこつと描き続けて、最終的に辿り着いた、マグリットのひとつの境地のような絵だ。他の作品とはちょっと格が違うと感じていたので、見ることができたのは幸運だった。他に気に入ったのはヴァレリウス・サーデレールの[フランドルの冬]、コルネリス・ハイスブレフツの[ヴァニタス]、フェルナン・クノップフの作品など。


 帰りジュンク堂で京極夏彦の『前巷説百物語』を買い、次いでタワレコへ。3000円分のポイントがたまっていたので、おぽんちさんから教えてもらって最近ずーっと聞いている現代音楽のアルヴォ・ペルトの1作目[タブラ・ラサ](キース・ジャレットがピアノで参加しています)とパティ・スミスの[Horses]LEGACY EDITIONを買う。パティのHorses はレコードで持っているのだけれども、これは2CDで、最初の発売1975年から30年経った2005年にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでレコードの曲順通りに再演されたライブCDとのカップリング。ボーナストラックでThe WHOの[My Generation]をやっている。ついつい手が出てしまった。予定の散髪は混んでいたので延期。


 今から晩ご飯の下ごしらえをして、徹夜勤務にそなえ仮眠。




只今のながらCD

TABULA RASA/ARVO PART
[PR]
Commented by テキーラ at 2007-06-21 22:51 x
ぺるとなんか聞くんですか!
うわあ。つうだなあ。
あれは十年位前に一度はやりましたよね。
ちょっと違うけど僕はアイヴスが好き。
バッハ以前のシュッツとかモンテヴェルディなんかもジャンル違うけどもとてもいいですよ。
Commented by パンタタ at 2007-06-22 10:20 x
テキーラさんへ
ぺるとはつうですか。只今心理学に打ち込んではる、おぽんちさんに教えてもらってから、ずーっとはまってます。アイヴスとかシュッツ、モンテヴェルディ、聞いてみます。よいのがあればCDの銘柄教えてくださいな。
by alglider | 2007-06-21 13:46 | 日々是口実 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧