ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

貴重な体験

f0100480_16244720.jpg


21:59

 帰りは雨.........


 何日前だったかなぁ、仕事で読者からの電話を受けるんだけれども、その中に「飲酒運転の厳罰化」について話す人の電話を取ってしまった。以下概要。


 [飲酒運転を厳罰化する話がでているけれども、それだけじゃ駄目だと思います。そこにはアルコール依存症の問題があって、依存症というのはコントロールを失う病気だから、厳罰化だけではなくて、一方でアルコールの害というもの社会に啓発していくことが肝要です。厳罰化しても飲まなければすまない病気の人は飲みます。私の小さいころ、お酒は“ハレ”のもので日常的には飲まなかった。それを今テレビでなどでは、楽しい生活にはお酒が不可欠、お酒が日々の快適をもたらすかのような宣伝をしています。酒造メーカーも煙草メーカーと同じように、飲酒の依存症への可能性、危険性を訴えなければならいと思います。云々..........]


 ひぇー。横浜とか神戸でホームレス救援ボランティアをしている人らしい。ご高説ごもっともなのだが、聞いている私は何だか変な気分。途中で私はアルコール依存症ですと、何回か言いそうになったが、仕事だから抑えた。医者、アル中同士でこのような話が出ることはあるが、当事者ではないと言うと言葉は足りない気がするが、そういった意見を持つ普通の人からの話を直接聞いたのは初めてだった。自分が[依存症の人たちは]の中に入れられて語られているのは、変な気がして落ち着かない。その人の意見は意見としてもっともなのだが、そこには、アル中当事者が抜けている。それをどうこう言う気は毛頭ないし、語られるというのはそういうことなのだと思う。しかし、電話で聞いているのがアル中なのであるから、話はややこしい。アル中の私は5分ほど「アルコール依存症の人は、コントロールが利かなくって」と聞いては「はぁ、そうですね」と返事をしていたのである。変である。表明しない限り、こっちが嘘をついて意見を聞いている錯覚に陥る。アルコール依存症でない人同士の会話のように「はぁ、はぁ」と聞いているのは演技をしているみたいで、お尻の座りが悪い。


 アルコール依存症が善意でもって語られると、こういう形なのかと、貴重な経験をさせてもらった。アルコール依存が引き起こすさまざまな社会問題はアルコール依存症者、本人たちが発言した方が(発言できる人は)話はすんなり落ち着くな、そんなことを考えたりした。まだ、パソが不調だから慌てて書いています。この文章は推敲されていません。念のため。




只今のながらCD

RADIO ETHIOPIA/PATTI SMITH GROUP
[PR]
Commented by BEATNIKS at 2007-07-10 11:25 x
パティ.SのCDからの写真ですか、私は初めて見る写真ばかりで嬉しいです。でもこのお話、わかる気もするんです。いつもニュースで酒帯運転
で事故、とか聞くと単にその日深酒やないやろー?っていつも思ってました。はっきり言わないし、言えないのかと思うけどすぐにわかるもんね。
飲まない、アル症でない人がその結果被害を受けた事故などに関して、なんとか手をうたねばと思う気持ちもわかるのです。うまくいえなかったかな。
Commented by パンタタ at 2007-07-10 17:05 x
BEATNIKSさんへ
そうそうCDからの写真です。上のは[WAVE]の裏です。これはメイプルソープだと思います。で、電話してきた人は上手く言ってはったんですよ。よく勉強もしてはるみたいでした。ただ、「はい、はい」と返事する私が、なんかその知識を持っている普通の人の演技をしているみたいな感じで…ヘンなお尻の痒い思いでした。たはっ。
by alglider | 2007-07-09 16:24 | 日々是口実 | Comments(2)